猫が立つ時の理由と可能性のある病気

猫が立つ時の理由と可能性のある病気

後ろ足二本で立ち上がる猫、見たことないですか?猫自身は大真面目でも、人間にとっては面白い行動を取る事が良くあります。二本足で立つ姿も、その1つ。四足歩行のはずの猫がなぜ、二本足で立ち上がるのか。その意味や病気の可能性に、迫っていきましょう!!

852view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

なぜ猫は立つのか?

二本足で立つ猫

すっくと二本足で立ち上がる猫。四本足で歩く姿を見慣れているからか、立ち上がる猫を見ると、驚きと共に笑いが漏れてしまいます。人から見ると面白い猫の立つ光景ですが、猫には猫なりの、意味があるようです。

警戒中

まるでミーアキャットにでもなったかのように立ち上がって、周囲を警戒しています。敵がいないか、怪しいヤツは接近していないかなど、チェックしているのです。何か気になるものがある時も、良くみようとして立ち上がります。気が済むまで、やらせてあげましょう。

おねだり中

二本足で立ち上がると飼い主さんが喜ぶ、またはそうすると可愛い事が分かっている為、美味しいおやつをゲットしたい時に立ち上がる猫もいます。正に確信犯ですね。そうだと分かっていても、愛猫に上目使いで立ち上がられたら、拒否できる自信は、筆者にはありません…。

おもちゃに夢中

少し高い位置に、猫まっしぐらなおもちゃをぶら下げてみましょう。興味をひかれた猫が思わず、二本足で立ち上がるかもしれません。そのままおもちゃを持って移動すれば、トコトコと歩く姿まで見られるかも。

威嚇中

猫同士対峙した時は、どちらが強そうに見えるか勝負に、発展する事があります。相手よりも自分が強い、大きい、とアピールする為後ろ足で立ち上がり、体を大きく見せます。そのまま両手を交互にバタバタと動かし、攻撃もできます。ただお腹はガラ空きなので、ちょっと心配ですが…。

力み中

トイレであまりにも力んで四肢に力が入り、立ち上がってしまう場合があります。ミーアキャット状態で用足しする子も、中にはいるそうです。可愛いけど、ドーム型トイレにはあまりふさわしくなさそうな姿勢です。でも可愛い♡

猫が立つ病気とは

二歩足で立ち上がる猫

猫が二歩足で立ち上がる時、もしかすると「てんかん」という病気を発症しているかもしれません。てんかんは脳の中の神経を通る電気の異常によって発作が起こり、体のコントロールを失ってしまう病気です。猫では稀ですが、症状が突然起こる場合もあります。

立つ以外にも四肢が硬直したりけいれんしたり、口から泡を吹くこともあります。万が一愛猫にてんかん発作が起きた場合は落ち着いて、猫の周りに危ないものがないか、落下などの危険がない場所かを確かめ、発作の様子をビデオ撮影しておきましょう。下手に手を出すと、意識がない状態の愛猫に攻撃される可能性がありますので、あまり近くによらないようにして、発作が収まるのを待ちます。

発作が落ち着いたら、受診して撮影したビデオを獣医師に見せましょう。それによって治療法などを決めていきます。発作が起きると愛猫の苦しそうな様子に心が痛みますが、意識がない事がほとんどなので、当の猫は苦痛を感じていないようです。慌ててしまうのが1番愛猫の為にならないので、とにかく落ち着いて対処するのが、飼い主さんのできることです。

立つ猫の動画集

立つ猫

可愛らしく立ち上がる猫たちをご紹介しましょう!!

直立不動猫

きっと何か気になるものを見つけて、じっと見ているのでしょう。二歩足で立ったまた、動きません。まるで「気をつけ!」と命令されたかのようです。それにしてもまぁ器用に、スタンディングしたものです。

酔拳!?

にらみ合う、2匹の猫…。お互いに威嚇し、大きな鳴き声を上げたその瞬間!!!驚愕の立ち姿は、動画にてお確かめくださいませ。

ミーアキャットにしか見えない猫

スコティッシュフォールドと思われる三毛の猫。気になる音がして、そちらの方を穴があくほど、見つめています。その姿勢はもちろん、二本足立ち!この動画を見て筆者は、猫の立ち姿には二段階ある事に気がつきました。しゃがみバージョンと、しっかり立ちバーションです。本当に猫って、器用ですね。でもここまで来るともはや、ミーアキャットにしか見えません。

もしかして練習中…?

キャットタワーの上で奇妙な動きをするのは、スコティッシュフォールドのきなこちゃん。何のタイミングなのだか、突然思い立ったように、立ち上がろうとします。場所が場所なので、すごくバランス悪そうですが…。立ち上がったままキープはしなくても、何度もやるのでまるで立つ練習をしているかのようです。そろそろ猫が飽きて、人間になりたくなったのでしょうか…?

ペンギンになった猫

二本足で立ったまま、毛づくろいを始めるミイコさん。安定の立ちで、周囲を圧倒です。下の方には顔が届かなそうですが、とりあえず上部だけできれば、良いのでしょうかね?ここまで安定感がある二本足立ちも、珍しいです。本当に、ペンギンみたい…♡

立つ猫種とは

関節の柔らかい猫

どの猫も、状況次第で立つ要素はあるようですが、猫種で言えばマンチカンやスコティッシュフォールドが、立つことが多いようです。短足のマンチカンは、後ろ足も短いので安定しやすいのでしょう。もしかしたら人間の次に二足歩行を始めるのは、マンチカンなのかもしれません…。スコティッシュフォールドに関しては関節が柔らかい猫が多いのか、なぜか立つのが得意です。

マンチカンもスコティッシュフォールドも、どちらも人気猫種なので、手に入りやすいです。ですが人気が仇となり、悪徳ブリーダーが繁殖させている場合もあります。その場合、健康状態が良くない可能性があります。慎重に、信頼できる場所から購入しましょう。ブリーダーから直接購入すると、より安心です。

ただ、日本には殺処分される猫がたくさんいるのも、忘れて欲しくない事実です。出来れば里親募集しているマンチカンやスコティッシュフォールドを飼うと、人の手によって消えていく猫の命を、救うことができます。子猫ではないかもしれませんが、成猫も落ち着いていて、飼いやすいです。是非里親になるという選択肢も合わせて、ご検討ください。

下記のサイトから、里親さんを待つマンチカンやスコティッシュフォールドを探すことができます。チェックしてみてくださいね!
http://www.pet-home.jp/

まとめ

可愛らしい猫

四足歩行の猫が二本足で立つって、ビックリですね。猫自身はどういう気分なのでしょう?いつもより視線が高くなり、見える景色も違うでしょうね。もしかしたらそれが、病みつきになるのかも?ふとした時に立ち上がる猫の姿は、本当に可愛らしいです。いつも立ってくれる訳ではありませんが、なるべくならその姿を、見逃したくはないですね。猫と過ごす時のカメラのスタンバイは、必須項目です!

人気のキーワード