猫のワクチンは毎年するべき?種類や費用、適した時期

猫のワクチンは毎年するべき?種類や費用、適した時期

愛猫のワクチン接種、どうしていますか?どの程度の頻度で受ければ良いのか、時期はいつが良いのかなど、迷うことがたくさんです。獣医師に毎年受けた方が良いと言われたけど、費用も気になるし…。猫のワクチン接種は、どのように行うのが良いのでしょう?毎年接種が、基本なのでしょうか?

3956view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫のワクチンは毎年打つべき?

ワクチン接種する猫

猫のワクチン接種の頻度に関しては、様々な意見があります。日本やオーストラリア、イギリスでは、毎年接種を勧める動物病院が多いようです。ですが、海外では3年に一度の接種を推奨している団体があります。獣医師によっても意見が異なりますが、どの程度の頻度で愛猫に接種させるのかは、結局は飼い主さんが決めることなのです。

予防したい病気や愛猫の体調、生活環境によっても、接種頻度の目安が違います。完全室内飼いの猫では、3年に1度で十分という意見がありますし、外に出る猫の場合は、毎年打った方が良いと言われています。年齢や持病の有無によっても変わってきますので、かかりつけの獣医師に相談した上で、接種頻度については決めるのが良いのではないでしょうか?

毎年接種した方が良い猫のワクチンの種類や費用

ワクチン接種される前の猫

毎年ワクチン接種を行った方が良いと考えられる猫は、感染リスクが高い猫(外出する、3匹以上の多頭飼育、キャットホテルを良く利用する、猫の出入りが頻繁にある)と、猫ウイルス性鼻気管炎と猫カリシウイルス感染症にかかった事のある猫です。これらの感染症に1度かかるとウイルスのキャリアとなり、免疫力が低下した時に再発する可能性があるからです。

完全室内飼いの猫には、基本的には3種混合ワクチンという「猫汎白血球減少症」「猫ウイルス性鼻気管炎」「猫カリシウイルス感染症」に対するワクチンでOKです。

外出する猫の場合は、3種混合ワクチンに「猫白血病」をプラスした4種混合ワクチンの方が良いと言われています。なぜなら、猫白血病ウイルスは、ケンカによる接触で感染することが多いからです。猫白血病ワクチンは単体でも接種ができるので、3種混合を毎年、猫白血病を3年毎にしても良い、という意見も。

ワクチン接種にかかる費用は、動物病院によって違いますが、3種混合ワクチンで3千円〜6千円、4種混合ワクチンは5千円〜7千円程度が相場のようです。少しでも安く済ませたい、という場合は、いくつかの病院に訊ねてみると良いでしょう。我が家のかかりつけ医の3種混合ワクチンは6千円程度しますが、何かあった時に愛猫の事を知っている所の方が良いと思って、受けています。

WSAVA(世界小動物獣医協会)のガイドラインでは、完全室内飼いなどの感染リスクが低い猫では、3種混合ワクチン接種は、3年以上空けて行うのが良いとしています。外出する猫など、感染リスクの高い猫は、猫汎白血球減少症ワクチンを3年ごと、猫ウイルス性鼻気管炎と猫カリシウイルス感染症のワクチンは毎年受けさせると良いとしています。

ですが、日本では3種混合ワクチンを1種ずつ受けることはできないので、やはり感染リクスの高い猫は、毎年受けさせるのが良いという結論になります。ただ、このガイドラインは従わなければいけない、というものではありません。

ワクチン接種についての意見は本当に様々で、1度打てば免疫は一生涯持続する、という研究結果もあるようです。また、猫によっても免疫の持続期間が違います。どうしたら良いのだか迷ってしまいますが、その判断は飼い主さんに委ねられているのが現状です。

猫のワクチンを毎年受けるのに適した時期

寝ている猫

ワクチンを毎年受ける場合、どの時期に受けると良いのでしょうか?それは、猫ごとに違います。一般的に、子猫の頃から免疫獲得の為に数回に渡ってワクチン接種を行ない、最後に受けた時から約1年後か3年後に受ける形となります。ですから、猫がいつ産まれたかや接種の状況などによって、受ける時期が異なります。次回いつ受けたら良いかは担当獣医師に確認し、忘れないようにしましょう。万が一、指定された時期が過ぎた場合でも、相談してみてください。

猫のワクチンを毎年接種をした時の副作用

ワクチン接種する猫

予防接種副作用がでることがあります。元気がなくなる、ワクチンを打った部分の腫れや発熱、嘔吐、下痢、痛みなどです。接種から24時間以内にこれらの症状が収まるのであれば、問題はありません。24時間以上経過しても症状が続く、ワクチンを打った場所から出血がある場合は、受診した方が良いでしょう。

また、稀ではありますが、免疫が過剰に反応してしまう、アナフィラキシーショックが起こる場合があります。接種から10分程度で、呼吸困難や痙攣などの症状が現れます。アナフィラキシーショックはすぐに対処しないと、ショック死してしまう可能性があります。できれば、接種後30分程度は病院内や近くで待機するようにすると安心です。待機を勧める病院もあります。

猫のワクチンを毎年勧める理由

注射器を持った猫

毎年ワクチン接種を進める理由は、抗体価がある基準値を越えなければワクチンを打っていても十分ではないという点です。また、日本でのワクチン接種率が25%と低いため、接種率が83%のアメリカや、68%のフランスと同じ基準で問題がないのかという懸念があります。どのくらいの抗体価があるのかという検査は費用も掛かります。抗体価が低ければ微生物が侵入してきた時に体を守ることができません。十分な抗体価があれば侵入してきた病原体と戦うことができます。最終的には飼い主さまが判断をしなければならないので、ワクチン接種をする・しないのメリットとデメリットをよく考えたうえで判断してください。

まとめ

ワクチン接種する茶トラ猫

副作用が起きるかもしれないワクチン接種。飼い主さんによってはなるべく受けさせたくない、と思う方もいらっしゃるでしょう。ワクチン接種をした事のリスクを取るか、接種しない事のリスクを取るか、難しい所です。

尚、完全室内飼いだと感染しないから受けなくても大丈夫、というのは間違えです。飼い主さんが外からウイルスを持ち込み、感染する可能性がありますので、注意しましょう。

人気のキーワード