道路で保護した子猫~その後のお話

道路で保護した子猫~その後のお話

死にかけていた保護猫のチビさん、命の危機からは脱出しましたが、新たな問題が発生しました。その問題に立ち向かうチビさんと、飼い主である私の奮闘記です。

2187view

子猫の目が赤い!

片目が真っ赤に腫れたチビさん

今回は、チビさんに起こった目と、血液検査のお話です。
前回のお話⇒道路で保護した子猫「余命一週間」を乗り越えて

懸命に食事を与え、薬も飲ませ一命を取り止めたチビさん。顔の汚れもだんだん綺麗になり、可愛いお顔が見えるようになってきました。が、目がおかしい…病院へ連れて行くと、どうやら猫風邪のダメージが目にきているらしく、先生もどう処置をするか悩んでいました。

左の目は白濁していますが、瞳孔反射はみられるので、視覚に問題はないとのこと。ただ、右の目が赤く腫れて、かなり視界を塞いでいたのでそちらの方が大変でした。

せめて片目だけでも見えるようにしてあげたいと、先生と相談しながら、抗生剤を飲ませ、目薬を2種類さすことにしました。このうちの一種類が高額で、長く続くと懐事情が厳しかったのですが、チビさんの為ですから、費用は頑張って捻出です!

また、まぶたを縫って回復させる方法もあると言われましたが、まだ小さいので回復力に期待しようと提案していただいたので、とにかくまた栄養をいっぱい採ってもらって、チビさんに頑張ってもらうことになりました。

子猫のチビさん下痢も続く

目だけでなく、下痢も繰り返しているチビさん。目薬、食事は1日4回。抗生剤と整腸剤は1日2回。食事は以前より量も食べられるようになりましたが、まだ自力では上手に食べられません。

この頃のメモを見ると、トイレの成功と失敗を繰り返しているのが分かります。と言うか、トイレの事ばかり書いていますね。。

汚いメモ

後で気付いたのですが、猫さんはやはり砂のトイレが好きなようで、我が家はチップのトイレだったのでなかなか覚えてくれなかったようです。

人間の都合で掃除しやすいチップを使っていますが、最初はやはり砂を置いあげた方が良いみたいですね。トイレを覚えてから、チップに変えると良いですね。

元気になってきた!

元気になってきたチビさん

目薬と薬の効果が出てきたらしく、真っ赤だった右目もどんどん落ち着いてきました。一安心です。猫の生命力には本当に驚かされます。ですが、新たな問題が再び発生しました。

子猫のチビ血液検査の結果

再診で病院へ行って、目の問題は一先ず落ち着きました。そこで、体重も順調に増えてきたので今度は血液検査をする事に。

猫エイズの疑いが!

「猫白血病ウイルス抗原/猫免疫不全ウイルス抗体」の検査です。最初は何も出なかったので、良かった!と看護師さんと喜んでいたのですが、しばらくするとFIVの方にうっすらと反応が出てきました。この、猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症は、猫エイズとも呼ばれる感染症で、末期になると口内炎、胃腸炎、鼻炎などの症状が続き、最後には死に至ります。感染経路としては、病原体を持つ雄猫が喧嘩することでうつる場合が多いようですが、うちのチビさんは雌ですし、まだ私以外と喧嘩したことがありません。

母乳からの感染の疑い

先生の見解では、親猫が感染していて、その母乳を飲んだ為に体に残っているのではないか?と言う事でした。もしそうであれば、完全に母乳の影響が抜けてしまえば、反応は出ないはずです。残念ながら、まだ再検査をしていないので、はっきりとした結果は分かっていません。

生後半年ほどで避妊手術をする予定ですので、その時に再検査をします。どうかエイズではありませんように。と思っていますが、その時にならないと分かりませんので、楽観的に構えています。

まとめ

子猫も一生懸命生きようと頑張っています。可愛いからと、安易な気持ちでペットショップで買って、思った通りにならないからと捨てたり、虐待したり絶対しないでください。人間も病気になったら治療するように、猫や犬も病気になるのです。

ですから、病院に連れていってあげて、出来る限りの治療を受けさせてあげてください。大切な家族であれば、猫や犬の為に頑張れるはずです。大変でも、辛くても、最後の時まで一緒にいてあげたいですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード