猫に散歩させる必要はある?ストレスはかからない?

猫に散歩させる必要はある?ストレスはかからない?

猫を犬のように散歩させてみることは可能なのでしょうか。ストレスなく散歩させることは可能かどうかについて、まとめました。散歩させたいと考えている飼い主さんはぜひ参考にしてみてください。

2119view

猫に散歩をさせる必要はあるのか

凛々しい顔のお散歩猫

犬は散歩が欠かせない生き物ですが、猫の場合はどうでしょうか。
猫を散歩させている飼い主さんをたまに見る方もいるかもしれませんが、猫を散歩させることについては賛否両論あり、賛成派と反対派に分かれます。

ただ、基本的に猫に散歩をさせなくても問題はありません。自宅で飼っていれば、猫は自宅が自分の縄張りとなり、落ち着ける場所になるからです。

元々野良猫だったり、好奇心旺盛な猫だったりする場合、外の世界に興味を示す猫は散歩に連れていっても良いですが、子猫の頃からずっと室内飼いをしているインドアな猫の場合、怖がっているのに無理やり連れていくのはおすすめできません。

散歩をさせるメリット

首輪を繋がれ散歩している猫

猫を散歩させることによって得られるメリットというのもあります。
具体的にどのようなメリットがあるか、以下の項目で細かく紹介していきます。

ストレス解消になる

外の世界に興味を示す活発な猫の場合、散歩に連れていくことによって、ストレス解消になる場合があります。

また、本来であれば猫は外で自由に暮らしている生き物です。虫や鳥の鳴き声、外の空気や風、おひさまなどに接することにより、猫本来の暮らしに近い環境を与えてあげることができます。

外に出られないことによりストレスを抱えて、室内で狂暴になったり、粗相などをしたりする場合は、ストレス解消のために散歩をさせてあげましょう。

運動不足解消になる

肥満体質の猫や室内で十分な運動ができていない猫の場合、運動を取り入れる必要があります。
そのような時は、運動不足解消のために散歩を導入してみるのも良いでしょう。

散歩をさせるデメリット

飼い主と散歩しているサバトラ

猫の散歩は猫にとって良いだけでなく、デメリットもあります。以下の項目にて、具体的なデメリットについてひとつずつ解説していきます。

猫によってはストレスになる場合もある

猫のメリットで「ストレス解消になる」と先述しましたが、猫によってはストレスになる場合があります。
例えば、気の弱い猫や、外の世界に慣れていない猫は、いきなり外に出してしまうとパニックになってしまうことがあるのです。

ノミやダニがつく可能性がある

猫を外に出すことにより、ノミやダニに感染するリスクが一気に高まります。
特にノミの感染率は高く、家と外を行き来する猫の場合は、100%感染するといっても過言ではありません。
ノミやダニに感染し、かゆみなどの症状に悩まされる場合は、動物病院に行って、薬を処方してもらう必要があるのです。

外の世界にある危険に注意しなくてはいけない

飼い主さんも一緒にいるとはいえ、外の世界には危険がいっぱいです。
交通事故に会うリスクはゼロではありませんし、うっかりハーネスを離してしまったら逃げ出してしまう可能性があります。猫を散歩させる場合は、そのような危険も覚悟した上で出さなくてはいけません。

散歩用のグッズや準備を整える必要がある

猫を散歩させるには、散歩グッズの用意をしなくてはいけません。猫用のハーネスや喉が渇いた時のための水を持ち歩くボトルなどを購入する必要があります。他にも、真冬に散歩させる場合は、寒さ対策のために防寒着などの準備も重要です。

また、どのような散歩コースを通れば猫が安心して歩けるかといった計画を立てたり、猫ヘルペスウィルス、猫カリスウィルス、猫パルボウィルスなどのワクチンを接種させてあげたりといった事前の入念な準備も必要になります。

散歩デビュー時の注意点

飼い主と首輪繋がれた猫

初めて猫に散歩をさせる際は、いくつか注意点があります。
まず、怖がっている場合に無理強いするのはやめましょう。初めて触れる環境なので、猫が警戒して思うように散歩ができない可能性もあります。
そのような時は、猫を抱っこした状態で近所を軽く歩いてみるなど、徐々に外の世界に慣れさせてあげることが重要です。

また、はじめのうちは公園などの人が多い場所だと猫が怖がってしまう可能性があります。そのため、人通りが少ない場所を選んで散歩させると良いでしょう。

まとめ

首輪を繋がれた目が赤い猫

散歩については、猫によって向き不向きがあります。
犬のように散歩をさせられると飼い主としては楽しいかもしれませんが、嫌々外に連れ出すことはせず、猫が楽しいと感じる範囲で、散歩させてあげることをおすすめします。

人気のキーワード