猫の噛みつき癖とその解決方法について

猫の噛みつき癖とその解決方法について

猫によっては、飼い主さんへ思いっきり嚙みつく場合があり、特に子猫の時期は甘嚙みする傾向が強いです。この記事では、私が実際に体験した愛猫の噛みつき癖とその解決方法について紹介します。

1185view

子猫の噛みつき癖について

猫が手に噛みつく写真

我が家の愛猫は、噛みつき癖が激しい子猫です。
私が寝ている時やPC作業をしている時、TVやスマホを見てくつろいでいる時など、ありとあらゆる瞬間に、突然やってきてガブガブと手足に嚙みついてじゃれてきます。

子猫の方は甘嚙みのつもりで噛んでいるのですが、強く甘嚙みする癖があり、時には私の手足に傷ができることもありました。

「痛い!」や「噛んじゃだめ!」とどんなに言葉で叱っても、本人には全く伝わっていません。むしろ、「噛みつくと自分に注目してもらえる」と勘違いしてしまったようで、叱れば叱るほど、日に日に噛みつき癖が酷くなる一方でした。

歯の生え変わりが原因だった

抜けた猫の乳歯

手足が傷だらけになってしまい困った私は、定期健診の際、獣医さんに甘嚙みの件について相談をしました。
獣医師さんによると「子猫の時期は歯の生え変わりなので、歯がゆく感じて甘嚙みする傾向がある」とのことでした。

子猫は、生後約3~6か月頃にかけて乳歯から大人の歯へと生え変わります。特に生後6か月頃は甘嚙みが激しくなる傾向にあるとのことで、我が家の子猫も、ちょうどその時期に差し掛かる頃だったのです。

噛みつき癖を直す方法について

口を大きく開けて歯を見せる猫

獣医師さんからは解決方法として「手足を噛んで遊ばせることを習慣づけない」と「噛んだ時は無視をする」というふたつの解決方法を教えてもらいました。

手足を噛んで遊ばせることを習慣づけない

叱っても効果がなかったため、手足を噛まれることに関して半ば諦めていたのですが、噛ませることを習慣化してしまうと、歯が完全に生え変わって大人になってからも、噛み癖がついてしまう可能性があります。
子猫のうちは甘嚙みの強さも比較的弱いですが、大人になるとその強さは増す傾向にあるので、手足にじゃれさせることを習慣化させてはいけません。

そして、手足の代わりにおもちゃを使って構ってあげるようにしましょう。手足ではなく、おもちゃを噛んでもらう事によって、子猫の抱えている歯がゆさを解消させてあげることができ、猫も飼い主もストレスを抱えることがなくなります。
私は人肌の弾力になるべく近いぬいぐるみをおもちゃとして与え、噛まれそうになったらそれを与えるようにしています。

手足を噛んだ時は無視をする

おもちゃがない時に手足を噛んだ場合は、無視をすることが大切です。「手足を噛んでも飼い主には構ってもらえない」と覚えてもらうことが目的です。
言葉で「ダメ」と叱ることはもちろん、目を合わせたりすることも「注目してもらえる」と猫が勘違いする要因になるので、注意が必要です。

まとめ

こちらを見る猫

猫が噛みついてくる行動は、時に痛みを覚えますし、つい叱りたくなる衝動にかられやすいです。しかし、猫にも理由があって飼い主に噛みついています。
なぜ猫が自分に噛みついてくるのか、何を要求しているのかを察してあげて、その問題を解消することが、解決への近道となります。

スポンサーリンク

人気のキーワード