猫の甲冑(鎧)が可愛すぎる!その仕様と製作した経緯について

猫の甲冑(鎧)が可愛すぎる!その仕様と製作した経緯について

「猫の甲冑」は、今話題沸騰のニャンコグッズです。甲冑と言えば、戦国武将が戦のときに身につけていた兜や鎧をイメージしますがその鎧を、猫が身に付けられるように作ったのが猫の甲冑です♪日本ではもちろん、世界からも注目が集まる新しいニャンコグッズ、猫の甲冑。では、どんな商品なのか詳しくチェックしていきましょう!

638view

猫の甲冑(鎧)とは

猫の甲冑とは、有限会社スタッフのブランド、サムライエイジが制作・販売している商品です。戦国武将の鎧を型取り、猫が身につけやすいように改良してあるので、猫に負担をかけずに着せることができます。

甲冑の色は4種類、1番人気の赤、りりしい黒、ゴージャスな金、そして渋い銀となっています。サムライエイジでは猫の甲冑以外にも、人間用の兜や鎧も作っています。兜キャップや鎧型のボトルカバーなどオリジナリティ溢れる商品が多い中でも、猫の甲冑は1番人気があるようです。正式な商品名は「ペット鎧」で、猫用以外に犬用も販売されています。

猫の甲冑(鎧)の仕様

猫の甲冑は発泡樹脂やウレタン素材でできており、約100gと非常に軽く、柔らかい着心地です。猫の動きを阻害するなどして、ストレスをかけないように作られています。肩口と胴の横にスナップがあり、外して横から簡単に装着することが可能です。サイズはS・M・Lサイズがあります。オーダーメイドもできますので、愛猫に合わせた甲冑を作って貰うこともできます。値段は赤と黒は1着、\14,040(税込み)、金と銀は¥16,200(税込み)です。

ただ、非常に人気がある商品の上、手作りですので、手元に届くまでに時間がかかるようです。また、洋服を着ることに慣れていない猫には余り向かないので、もしどうしても着せたい場合には、あらかじめ洋服に慣れさせておく必要があります。無理に着せると愛猫がストレスを感じてしまうだけでなく、ケガをさせてしまったり、せっかくの甲冑が壊れてしまったりする可能性がありますので、十分に慣れてから、着せるようにしましょう。

猫の甲冑(鎧)ができた経緯

猫の甲冑は元々、販売用に作られたものではありませんでした。サムライエイジは人用の鎧を作っていたのですが、宣伝のために看板猫である三毛猫の「まこ」に、鎧を作ったのがきっかけでした。甲冑を着たまこは、「にゃんざむらい」として商品PRをしていたのですが、顧客から甲冑を売ってほしいとの要望があり、商品化に至ったようです。

にゃんざむらいは反響を呼び、テレビでも紹介されました。更にSNSでの拡散もされたため、世界からの問合せが増えたということです。2017年1月に開催されたふるさと東京祭りで行われた「おみやげグランプリ2017」では、エンターテインメント賞を受賞するなど、にゃんざむらいは大活躍しています♪

猫の甲冑(鎧)を有名にした「まこ」

猫の甲冑を一躍有名にした、元祖にゃんざむらいの「まこ」とはどんな猫なのでしょうか?まこは、社長さんの御長女の飼い猫(メス)です。まこは元々野良猫で、生後1か月頃に母猫とはぐれて、会社の駐車場でぐったりと倒れていたそうです。強い日光が降り注いでいたので、このまま放っておいたら死んでしまうということで、保護されました。世話をし始めると元気を取り戻し、ぐんぐん成長していきました。

性格は甘えん坊で寂しがりやだそうです。留守番させるのは忍びなく、昼間はまこも出勤して、看板猫として働いているそうです。甲冑姿はりりしいまこですが、実はデレデレ猫ちゃんなのですね♡そのギャップが、また可愛いです!

猫の甲冑(鎧)まとめ

甲冑

猫の甲冑とは、面白い商品を思いついたものですね!!着せるも良し、飾るも良し、プレゼントするも良しの、3拍子揃った猫の甲冑。特に海外の方は喜びそうです♪世界に広がる猫の甲冑ブーム、これからも楽しみです。

人気のキーワード