愛猫が自宅から逃げ出してしまったらどうする?!

愛猫が自宅から逃げ出してしまったらどうする?!

猫ちゃんを室内飼いしているのに、ちょっとした隙に玄関から逃げ出してしまった!そんな経験はありませんか?うちの猫の場合は、そのたびに運良く捕獲に成功したのでラッキーでした。そこで、ここでは逃げた猫ちゃんの捕まえ方などについて述べてみました。

685view

室内外の愛猫が外へ逃げてしまった場合の対処法

ふてくされた顔をした猫

にゃんこが玄関から逃げ出した!

猫ちゃんを室内飼いしている方は多いと思います。しかし、特にオス猫は広い世界を旅するのに憧れているのか、たまに脱走してしまうことがありますよね。うちで飼っていた「にゃんこ」(←実は、これが名前)の場合もそうでした。

うちの場合は、何回脱走してもそのたびに運良く連れ帰ることができたので良かったのですが、脱走したまま行方不明になってしまったりしたら飼い主さんは夜もおちおち眠れない、そんな気持ちはよく分かります。

なぜ、にゃんこは外に逃げ出したのか?

飼い主側の落ち度としては、玄関に続くドアを開けっ放しにしていた、などの不注意が原因です。たとえば、うちでは母方の祖母が同居していたこともあり、朝目覚めると「何だか外の空気が吸いたくなった」などと言って玄関に続く廊下のドアを閉めずに、玄関ドアを開けてしまったこともありました。

にゃんこの方は、おばあちゃんが玄関ドアを開ける瞬間を狙っており、チャンスがあれば広い世界に逃げ出すという問題行動を起こしていたのでした。自宅の中庭にリードを付けて座らせてあげることはよくあったのですが、それだけでは物足りなかったのかもしれません。

にゃんこの首にリードを付けて中庭を散歩させることで解消

うちのにゃんこが外に出たいのならと抱き上げて外出しようとしても、不安がって嫌がることが多くありました。そこで、運動不足解消のために父が首にリードを付けて中庭を散歩させるようにしました。

そしたら、以前に比べて外に逃げ出すことが少なくなりました。好奇心旺盛なオスの猫ちゃんは、外の世界を旅したり、メス猫とランデブーすることに憧れるのだと思います。そんな猫ちゃんを守るためには、飼い主さんの方が知恵を絞って欲求不満を解消してあげる対処法を考えてあげるといいでしょう。

たとえば、キャットタワーなどを購入してあげるのも良いかもしれません。

うちでは、外に逃げ出したときに、他人の家の庭木に登っていたこともありました。そのときは、母が猫エサをちらつかせて近くまでおびき寄せ、エサを食べている最中にガシッと体を捕獲しました。

猫ちゃんの場合は、大好物の猫エサを使って近くまで上手に誘導しましょう。

まとめ

女性と猫

愛猫が逃げ出したときは、慌てずに冷静に行動することが第一です。まず、名前を呼んだりしてどこにいるか確認し、猫ちゃんが大好きな食べ物を持ってきて釣るようにするのがベストです。

室内飼いの猫ちゃんは、車道に堂々と寝そべってしまうこともあります。それは、外にある車の危険さを知らないからです。できるだけ早く見つけて捕獲してあげるのが、飼い主さんの大事な務めですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード