猫にアイスを与えない方が良い!その理由や注意点について

猫にアイスを与えない方が良い!その理由や注意点について

概要

  • 猫にアイスは与えない方がよい
  • アイスを与えるならば乳糖の少ない猫用のアイスがおすすめ
  • アイスを与える際はパスツレラ症に注意し、冷たいものが苦手な猫には無理に与えない

みなさんは猫にアイスをあげたことがありますか?同じ哺乳類でも、人と猫では食べていいものが違います。人には害がないものでも猫にとっては有害になるものも多いです。では、猫にアイスはどうなのでしょう。人は「冷たくて甘くておいしい」と感じますが猫はアイスをどう感じるのでしょうか?

4654view

猫にアイスを与えない方が良い

チョコアイス食べる猫

人が食べるために加工された食品はアイスを含め、基本的に猫には与えない方が良いでしょう。猫にとって有毒な物やアレルギーの原因となる成分が含まれていなければ重大な問題はありませんが、アイスにはチョコレートやナッツ、乳製品、砂糖が使用されていることが多く、猫にとって害を与える可能性があるのです。アイスを少量摂取しても猫には影響が大きく重症となることもあるのです。

乳製品が含まれるアイスで猫が下痢を起こすことがあります。猫は牛乳に含まれる乳糖を分解できる酵素をあまり持っていないことが多いため、消化が十分に行えず下痢になってしまうのです。砂糖も多く含まれているので、人が食べるアイスを猫に与えることにメリットはあまりないでしょう。

また、猫がアイスを食べた時に驚いた表情を見せることがあります。「ブレインフリーズ」と呼ばれる現象で、これをわざと起こさせる目的でアイスを食べさせるのは良いとは言えません。

猫用のアイスについて

外でアイスを食べる猫

夏になると猫も暑さでつらそうですよね。猫もアイスで涼しくなってもらいたいという気持ちも出てきますが、そんな時は人用のアイスではなく猫用のアイスがおすすめです。猫が食べても問題がないように、牛のミルクの代わりにヤギのミルクやヨーグルトが使用されています。ヤギのミルクは、牛のミルクよりも乳糖が少なく、猫の母乳に近いとされています。ヨーグルトは発酵により乳糖が少なくなるなど、猫のお腹に優しく作られているので安心です。

暑さなどで食欲が落ちてしまった猫にアイスを与えて、カロリー補給、水分補給などにも利用することができます。

猫用のアイスを食べさせる際の注意点

眠る猫

人獣共通感染症に注意

猫用のアイスには人も食べられるものもあります。猫と一緒に同じものを食べられるのはとても嬉しいことですが、猫の分のアイスは別のお皿にとってあげるなど、猫が口を付けたものを人が食べないようにします。人獣共通感染症の一つのパスツレラ症に感染する恐れがあるからです。パスツレラ菌は猫の口内の常在菌です。

冷たいものが好きではない猫もいる

猫用のアイスがありますが、全ての猫が冷たいものが好きというわけではありません。一過性ですが、冷たいものを摂取したことで下痢や嘔吐を起こす場合があります。アイスに限らず、冷たい水が好きな猫もいれば、ぬるめの水が好きな子もいます。

猫とアイスについてのまとめ

舌出し猫

人用のアイスは猫にとって中毒やアレルギーなどデメリットの部分が多いようです。とっておきのおやつや暑い時に与えたいと思うなら、猫のために作られたアイスがお腹に優しくおすすめです。猫にアイスを与える理由が「涼」や「水分補給」でも、冷たいものが苦手な子もいます。下痢や嘔吐にはくれぐれも注意しましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード