猫にアイスを与えない方が良い!その理由や注意点について

猫にアイスを与えない方が良い!その理由や注意点について

概要

  • 猫にアイスは与えない方がよい
  • アイスを与えるならば乳糖の少ない猫用のアイスがおすすめ
  • アイスを与える際はパスツレラ症に注意し、冷たいものが苦手な猫には無理に与えない

みなさんは猫にアイスをあげたことがありますか?同じ哺乳類でも、人と猫では食べていいものが違います。人には害がないものでも猫にとっては有害になるものも多いです。では、猫にアイスはどうなのでしょう。人は「冷たくて甘くておいしい」と感じますが猫はアイスをどう感じるのでしょうか?

8157view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫にアイスを与えない方が良い

チョコアイス食べる猫

中毒をおこす危険がある

ついつい猫にアイスを与えたいかと思いますが、基本的に人が食べるためにつくられたものですので猫に食べさせてはいけません。

猫にとって有毒な物やアレルギーの原因となる成分が含まれていなければ大きな問題はないと考えられますが、アイスの中にはチョコレートやナッツ類、乳製品、砂糖などが使われていることが多いです。

例えばチョコレートの場合だとテオブロミンという成分により過剰な興奮状態になり下痢や嘔吐、重度の場合には全身性の痙攣を起こしてしまい、命を落とす危険があります。

下痢をおこす

猫は牛乳に含まれている乳糖を分解するラクターゼという酵素があまり持っていません。そのため乳製品であるアイスを食べることで、乳糖を上手く分解することができず下痢を引き起こす恐れがあります。

またアイスには砂糖が多く含まれているので、人が食べるアイスを猫に与えることにメリットはなく、むしろ与えないほうがいいです。

冷たさで痛みを感じてしまう

猫が冷たいアイスを食べた時に驚いた表情を見せることがあり「ブレインフリーズ(脳の凍結)」といいます。

動きがピタりと止まり目を細めたり、口が開いていたりと様々な行動を起こします。

これは人でも冷たいものを口にするとキーンと頭が痛くなるのと同じように、あまりにもの冷たさで痛みを感じていると考えられます。

非常に危険ですので、そのような目的で猫にアイスを食べさせることは絶対にやめてください。

アイスを食べて頭キーン!!

猫ちゃんがスプーンにあるアイスをペロペロとなめた後、上を向いてビクッとフリーズした動画です。アイスの冷たさで頭がキーンとなったようです。

猫用のアイスについて

外でアイスを食べる猫

夏になると猫も暑さでつらそうですよね。猫もアイスで涼しくなってもらいたいという気持ちも出てきますが、そんな時は人用のアイスではなく猫用のアイスがおすすめです。猫が食べても問題がないように、牛のミルクの代わりにヤギのミルクやヨーグルトが使用されています。ヤギのミルクは、牛のミルクよりも乳糖が少なく、猫の母乳に近いとされています。ヨーグルトは発酵により乳糖が少なくなるなど、猫のお腹に優しく作られているので安心です。

暑さなどで食欲が落ちてしまった猫にアイスを与えて、カロリー補給、水分補給などにも利用することができます。

猫用のアイスを食べさせる際の注意点

眠る猫

人獣共通感染症に注意

猫用のアイスには人も食べられるものもあります。猫と一緒に同じものを食べられるのはとても嬉しいことですが、猫の分のアイスは別のお皿にとってあげるなど、猫が口を付けたものを人が食べないようにします。人獣共通感染症の一つのパスツレラ症に感染する恐れがあるからです。パスツレラ菌は猫の口内の常在菌です。

冷たいものが好きではない猫もいる

猫用のアイスがありますが、全ての猫が冷たいものが好きというわけではありません。一過性ですが、冷たいものを摂取したことで下痢や嘔吐を起こす場合があります。アイスに限らず、冷たい水が好きな猫もいれば、ぬるめの水が好きな子もいます。

猫とアイスについてのまとめ

舌出し猫

人用のアイスは猫にとって中毒やアレルギーなどデメリットの部分が多いようです。とっておきのおやつや暑い時に与えたいと思うなら、猫のために作られたアイスがお腹に優しくおすすめです。猫にアイスを与える理由が「涼」や「水分補給」でも、冷たいものが苦手な子もいます。下痢や嘔吐にはくれぐれも注意しましょう。

40代 女性 しおり

猫ちゃんに、人間用のアイスを与えないようにしなければなりませんね。
アレルギーを起こしてしまったり、お腹をこわしたり嘔吐をしたりする原因になるのですね。
暑い夏は、アイスを与えたくなるので、猫ちゃん用のアイスを与えると、安心ですね。
あとは、猫ちゃんの口内の菌が人間の口にはいると人獣共通感染症にかかる場合があるので気を付けましょう。

スポンサーリンク