猫がお留守番でひとりになると鳴く理由3つ

猫がお留守番でひとりになると鳴く理由3つ

猫ちゃんの中にはお留守番するとなると、どうしても鳴いてしまう子がいます。その子たちは一体どのような理由で鳴いてしまうのでしょうか。

1789view

お留守番させると鳴く

鳴く猫

猫ちゃんがいざ一人でお留守番するときに、鳴いてしまうという悩みを持った飼い主さんはいらっしゃいますか。とはいえ、ずっと家で生活して一歩も外も出ない生活なんて事は難しいので、愛猫には慣れてもらう必要がある程度あるかと思います。

そんなときにいつまでも鳴いてしまっていては、飼い主さんとしても心配してしまうかと思います。今回はなぜ猫ちゃんが留守番の時に鳴いてしまうのか、その理由について調べてみました。

困っている飼い主さんはぜひチェックして、まず愛猫がどんな理由で鳴いているのか理解することから努めましょう。

1. 寂しく感じてしまうから

寂しそうな猫

「猫ちゃんにはあまり表情がない」と言われていますが、実際飼ってみるとそんな事はありません。嬉しい時、寂しい時、拗ねている時など「こんなに猫ちゃんって感情を表現してくれるんだ」と思わず感心してしまうくらい表してくれます。

そんな猫ちゃんが一人でお留守番する時に、母猫代わりである飼い主さんの姿を見かけなくなることで寂しく感じてしまい鳴いてしまうと言う事があります。玄関の周りをウロウロしながら、飼い主さんを探すようにして鳴いてしまうのです。

この場合、短い時間の留守番から慣らしてあげる必要があります。特に子猫から育てている場合は、飼い主さんのことを母猫として見ているので側にいることが当たり前という感覚があるのです。徐々に時間をかけて「留守番=寂しいものではない」という事を、認識させてあげましょう。

2. 退屈に感じたから

退屈そうな猫

猫ちゃんは一人でいて退屈に感じてしまうと、鳴いて知らせる子もいます。遊び相手を探してるつもりで鳴いているので、「お留守番=退屈」という認識が根付いてしまっている可能性があります。

一人でいても退屈しないように。お気に入りのおもちゃを一緒に置いてあげたり、余力があるのであれば2匹以上の猫ちゃんを飼う事で、それぞれが遊び相手になってもらうという手段もあります。

しかし、後者は猫ちゃん同士の相性があったりそれなりの費用もかさみますので、初心者は前者の手段で対処していきましょう。

3. 不安に感じたから

ドアの前の猫

一人になる事で不安を感じてしまい、鳴いてしまう子もいます。特に以前の記憶で捨てられてしまった経験のある猫ちゃんは、「お留守番=また捨てられてしまったのかな」と不安に感じてしまうのです。

こちらは時間をかけて愛情を示す事で、もう捨てられる事はないんだよとゆっくり教えていく必要があります。人間でも動物でもやはり傷ついた心は簡単に癒す事はできません。飼い主さんは責任を持って、愛情を示してあげましょう。

まとめ

一匹で佇む猫

猫ちゃんにも理由があって鳴いているという事実があります。飼い主さんはどんな理由で鳴いているのかを深く考え、それに応じた対処をしていく必要があります。愛猫と向き合ってしっかり見極めましょう。

スポンサーリンク