猫がお風呂場に来る意味とは?

猫がお風呂場に来る意味とは?

猫はお風呂が嫌い!という言葉をよく耳にしますが、時々お風呂場で猫が遊んでいたり寝ていたり・・・なんてこと、ありませんか?気になる猫の行動を徹底調査!

10594view

猫はお風呂が嫌い

濡れた黒猫

猫は元々砂漠の生き物で、水自体に慣れていません。そして猫の被毛は濡れてしまうと、水を弾くことが出来ません。猫をお風呂に入れるとわかりますが、被毛はペッタンコになりフワフワな猫の姿は無く、まるで濡れたネズミのような姿になってしまうのです。

それによって体温調節が難しくなるため、猫は水を嫌うといわれています。中にはトラのように、暑さをしのぐために水浴びをする猫科の生き物もいますが、一般的な家猫のほとんどは水が嫌いです。

しかし、水が嫌いでお風呂も苦手なはずなのに、時々猫がお風呂場で寝ていたりくつろいでいたりする所を目撃します。飼い主の私が入浴中も、お風呂場のドアの前から「ニャア」と聞こえ、ドアを開けると猫が入ってくることも。

どうしてお風呂は嫌いなのにお風呂場に来るんだろう?と思い、詳しく調べてみました。

猫がお風呂場に来る理由

洗面台に入る猫

調べてみると、

  • 涼むため
  • 水を飲むため
  • 飼い主さんが好き

大まかにわけると、この3つが理由としてあげられることが分かりました。

気温が高く、じめじめとして暑い日なんかは、涼むためにお風呂場に行くことがあるようです。これは我が家の猫たちにも当てはまる理由です。暑い日には玄関やお風呂場の床でダラ~ンと伸び切って、くつろいでいる姿をよく目撃します^^お風呂場だけに限らず洗面台にすっぽり入り、涼む猫もいますよね。冷たいのが気持ち良いんでしょうね。

ほかには、水を飲むためだとも言われていますが、「水なら用意してあるけどな・・・。」と思い、詳しく調べてみると、何と猫は本能で流れている水が新鮮だということを、分かっているんだとか。とても頭が良いですね。

そういえば我が家の末っ子猫は、シャワーを出していると入ってきて恐る恐る近づき、シャワーから流れるお湯を飲みたがります。「何してるんだろう」と疑問に思っていましたが、理由を知って納得。

そして猫がお風呂場についてくる!という場合に、一番多い理由が飼い主さんが好きで離れたくないからなんですって。猫はなつかないなんて言われてしまうこともありますが、そんなことはありません。

飼い主さんが愛情を注いであげれば、猫も精一杯の愛情表現をしてくれます♪お風呂場までついてきてしまうような、飼い主さんへのストーカー行為がそれを物語っていますよね!

まとめ

お風呂に入る女性と猫

今回、猫がお風呂が嫌いなはずなのに、よくお風呂場に現れるという不思議な行動が気になり、理由を調べてみると思い当たる節が多く、とても納得しました。

しかし、猫がお風呂場に行くことで浴槽で溺れてしまったという事故も過去にはいくつもあります。猫の事故を防ぐためには、浴槽にお湯を残さない、もしくは浴槽に残り湯がある場合は必ずフタをする、などの対策をしておくことをオススメします。

これからの時期、気温は暑くなっていきますので、猫ちゃんがお風呂場で涼むことも増えていくかもしれません^^

スポンサーリンク