猫を飼う資格なし!飼ってはいけない人の特徴5つ

猫を飼う資格なし!飼ってはいけない人の特徴5つ

猫を飼ってほしくない人にはどのような特徴があるのでしょうか?猫を幸せにできなければ家族に迎えてはいけません。気をつけなければならない注意点を探してみたいと思います。

3099view

1.猫を可愛がらない人

猫を嫌がる女性

猫を可愛いと思えない人は絶対に猫を飼ってはいけません。いつか好きになるかもしれない、いつか可愛いと思えるかもしれないと、自分の気持ちの可能性に賭けるのは絶対にやめましょう。

人間の思い上がりで猫と暮らすのは間違っています。可愛いと感じない人は、猫とのご縁は無いと自覚する方が良いでしょう。

2.猫の排泄物を汚いと感じる人

猫のトイレを臭そうに掃除する女性

猫は生き物ですから勿論排泄を行います。人間のトイレは水洗トイレが全て掃除をしてくれるでしょう。しかし猫を家族に迎えれば猫のトイレ掃除や猫のお尻のチェックなど、排泄物と毎日顔を突き合わせなければなりません。

ペットの飼い主の多くは「いいおしっこだったね〜、いいウンチが出たね〜」と排泄物を大切にしています。猫の排泄物を汚いと思ってしまうのであれば、猫を飼う資格は無いでしょう。

3.猫のペースに合わせられない人

悲しそうな猫のアップ

猫の意思を無視してしまう人も、猫を飼うのは無理でしょう。猫がご飯を食べたいとき、遊びたいときに構ってあげられないと、猫との暮らしには向きません。猫は好きな時に飼い主にアピールをしてきます。でも猫のペースを大切にできないのであれば、いつか猫に腹を立てて猫を嫌いになってしまうかもしれません。

4.病気になっても病院へ行かない人

ぐったりして寝そべる猫

猫が苦しそうにしていても、病院へ行こうという判断をできない人も猫を飼ってはいけません。猫は一日様子を見てしまえば悪化し命に関わってしまいます。小さな猫の身体を大切に思えない人は、猫を家族に迎えてはいけません。

5.猫を尊敬していない人

猫を踏もうとする足

猫に限らず人間以外の動物や生き物を大切にしたり、尊敬できない人は猫を飼う資格は全くありません。

まとめ

警戒してこちらを見る猫

猫を飼う資格なし!飼ってはいけない人の特徴5つについてお伝え致しました。自分以外の人や動物との暮らしには辛さや苦しさも伴います。しかしその何倍もの喜びや楽しさももたらしてくれます。猫と暮らせる喜びを痛いほど感じる今日この頃です。

スポンサーリンク