『猫に嫌われる猫』の特徴4つ

『猫に嫌われる猫』の特徴4つ

猫に嫌われる猫って、いるの?それは…もちろんいます!残念ながら、猫の世界にも阻害するようないじめが存在するのです。ではどんな猫が嫌われてしまうのか?チェックしましょう。

693view

1. 何かと絡んで来る

他の猫にからむ猫

何かと他の猫に絡んで行く猫がいます。構って欲しいのだか、何かが気に入らないのか良く分かりませんが、他の猫にしょちゅう絡んで行くのは、嫌われてしまうでしょう。

ゆっくり休んでいるところに絡んで来られたら、迷惑に感じてしまいます。ですから、何かと他の猫に絡むような猫は、嫌われる傾向にあるでしょう。筆者宅の猫も良く他の猫に絡んでは、嫌がられています…。

2. 新参者

猫を見つめる猫

既に猫のグループが出来上がっているところに新参者がくると、嫌われることが多いよう。正確には嫌われている訳ではないかもしれませんが、人間社会でも良くあることですね。

新参者は中々、古株グループには入れて貰えないことが多いようです。時間をかければだんだんと打ち解けて仲良くなる場合もありますので、もし新参者の猫が嫌われてしまっている場合は、飼い主さんが可愛がってサポートしてあげましょう。

3. ルールが分かってない

猫と猫のルールと書かれた紙

例えば、子猫時代の社会化期に母猫や兄弟猫と過ごすことができずに、社会化ができない猫がいます。

そのような猫は猫社会のルールが分かっていないので、他の猫との付き合い方が良く分からずに、嫌われてしまうことがあります。

恐らく人の都合によって家族と引き離され、きちんと社会化できなかったのでしょう。猫には何も悪いことはないのですが、こういうこともあり得ます。

4. 相性の問題

喧嘩する猫

猫同士にも相性があります。どうしてもソリが合わない猫はいるものです。そのような場合はお互いに嫌い合うことがあります。

ソリが合わない猫同士、顔をあわせると流血騒ぎの喧嘩になる場合も。別部屋にするなどして、顔を合わせないようにするなど対策してください。でも、時間をかければ打ち解ける場合もありますので、飼い主さんが焦らないことが大切です。

まとめ

野良猫たち

猫に嫌われる猫…。悲しいことですが、もし家に迎えた1匹の猫が他の猫に嫌われてしまっても、飼い主さんが十分に可愛がってあげてください。そうすれば、嫌われた猫が悲しい思いをすることは、少なくなるでしょう。

猫同士のことは猫同士に任せないといけない部分もあります。願わくば、みんな仲良しになってくれると良いですね!

スポンサーリンク