猫には『防寒服』を着せない方が良い?メリットとデメリット

猫には『防寒服』を着せない方が良い?メリットとデメリット

寒い冬は、猫に防寒服を着せた方が良いのでは?そんなことを考える飼い主さんもいるでしょう。猫に防寒服は、着せた方が良いのでしょうか?そのメリットとデメリットを、見て行きましょう。

343view

体温を保てるメリット

ニットの服を着る猫

猫に防寒服を着せるメリットとしては、体温を保てることがあります。病気の猫や高齢猫、子猫、無毛の猫など、体温調節があまりうまくいかない猫の場合、状況に応じて着せてあげると大切な体温を保つことができます。

特にスフィンクスなど無毛の猫は、寒さに弱いので部屋の温度を適温に保つか、防寒服を着せてあげると快適に過ごせるようになるでしょう。

皮膚が乾燥するのを防ぐメリット

防寒服を着る猫

猫の防寒服には、皮膚の乾燥を防ぐと言うメリットもあります。空気が乾燥していると、猫の皮膚も乾燥しがちです。

皮膚の乾燥が皮膚病の原因となる場合もありますので、皮膚が弱い猫には防寒服を着せてあげると良いかもしれません。

寒くなるとエアコンをつけるお宅も多いと思いますが、エアコンは空気の乾燥の原因となることがあります。猫もその影響を受けてしまいますので、注意してあげましょう。

ストレスになるデメリット

セーターに埋もれる猫

猫に着せるとメリットのある防寒服ですが、動きづらい、毛づくろいができないなどのデメリットも。本来洋服を着る習慣がない猫ですから、着なれない防寒服によって、動きが制限されてしまうことがあるのです。

服があると当たり前ですが、毛づくろいすることもできません。もししたとしても服があるので、服を一生懸命にペロペロすることになります。

そうなると、猫にとってはストレスなのです。やはり猫は自由に伸び伸び動けることを好みます。防寒服を着せる時は慎重に、本当に必要がある場合のみ、着せるようにしましょう。

事故に遭う可能性が増えるデメリット

海賊のコスプレをする猫

防寒服がどこかに引っかかり、猫が事故に遭う可能性というデメリットも考えられます。ゴテゴテと装飾の付いた防寒服は、当たり前ですが避けるようにしましょう。

装飾のない防寒服でも、どこが引っかかってしまうか分かりません。防寒服を着せた時は特に、猫の様子に気を配り、危険な目にあっていないか確認する必要があります。

まとめ

ひじき

猫の防寒服は、よほど必要がない以上は着せなくても大丈夫でしょう。着せても、猫が嫌がって自ら脱いでしまうこともあります。決して無理強いしないよう、注意していきましょう。

スポンサーリンク