猫が飼い主の寝起きに甘えてくる理由4つ

猫が飼い主の寝起きに甘えてくる理由4つ

目が覚めるとそこには猫がいて、なぜか甘々モードで甘えてくる…そんなことはありませんか?ウトウトしがちな寝起きを狙い、なぜわざわざ猫は甘えてくるのでしょうか?その不思議な心理、探ってみましょう。

1354view

1. お腹が空いた

舌を出す猫

「お腹空いたから、起きて…」空腹を感じている為、飼い主さんが起きた時に甘えて、おねだりをする猫は多いです。可愛く甘えて、美味しいご飯をゲットしようと企んでいるのでしょう。

飼い主さんが起きてからおねだりしてくるなら良いですが、困るのがぐっすり寝ている時に、飼い主さんを起こしてまでおねだりしてくる場合です。

猫も猫でお腹が空いてどうしようもないのでしょうから仕方ありませんが、下手をすると安眠妨害になり、飼い主さんが寝不足になってしまいます。こんな場合は自動給餌器で飼い主さんが寝ている時間にご飯をあげるか、寝る前に置き餌をしておくとよいでしょう。

2. 構って欲しい

見つめる猫

飼い主さんが寝ている間構ってくれなくて、寂しかったのでしょう。「起きた!」と思ったらすかさず甘えて、構ってアピールをします。可愛いですね!猫って意外と甘えん坊なのです。

飼い主さんの近くに来て、顔をスリスリしたり、前足でちょいちょいしたりして、飼い主さんが早く起きてくれるのを待っています。

そこまで猫に切望されたら、いくら眠くても起きるしかありませんね。飼い主さんが起きたら、猫も喜びます。なるべく二度寝せずに猫を構ってあげましょう!

3. トイレ掃除して

トイレットペーパーと猫

トイレ掃除をして欲しいが為に、飼い主さんが起きるのを待ち構えている猫も。「トイレはいつも、キレイじゃなきゃ嫌!」という猫は多いです。

自分の排泄物でさえも一度掃除してから、用を足す猫もいます。ですから、大をした後にトイレ掃除をして貰い次に小をするという場合もあります。

猫のトイレ掃除要求に応えられないと、別の場所に粗相してしまうことがありますので、早急に対処した方が良い案件です。もし難しいなら、トイレをもう一つ新設してあげると良いでしょう。

4. 起こしてる

人を起こす猫

飼い主さんの寝起きに「早く起きるにゃ!」と起こしにかかる猫もいます。猫はかなり正確な体内時計を持っているので、もう起きる時間なのに飼い主さんが布団の中でうだうだしていると、「もう起きる時間だにゃ」と起こしてくれるのだとか。

この時間になるとご飯が出てくるといったように、この時間になると飼い主さんが起きる、とインプットされているのでしょう。ですから、時間が来ても飼い主さんが起きて来ないと違和感を覚えるのかもしれません。

いくら眠くても可愛い猫に起こされたら、一気に目が覚めそうです。いや逆に、安心してまた寝てしまう可能性もありますね。

まとめ

おもち

猫が飼い主さんの寝起きを襲うのには、様々な要求が絡んでいるようです。

あの可愛い顔で起こされたら、言うことを聞くしかありません。つくづく猫って、良い意味でずるい生き物ですね。そんな猫に起こされるのも幸せなんですけどね…。

スポンサーリンク