ハンサム猫とむっちり猫が我が家にやってきた!譲渡会で出会った2匹の子猫のお話

ハンサム猫とむっちり猫が我が家にやってきた!譲渡会で出会った2匹の子猫のお話

8年前は血統書付きのアメショーを17年飼っていました。5年前保護猫の譲渡会に行って捨てられた子猫の愛くるしさに一目惚れして我が家の子供になりました。最後までこの小さな命を守ってあげたいと思いました。

529view

保護猫ピーターとの出会い

8年前17年飼っていたアメショーの「モカ」が亡くなってしまい、中々次のネコを飼う気になれなかった。3年の時間が経ち子供達もみんな巣立ってしまったので気晴らしにペットショップ巡りをしていた頃、保護猫の譲渡会のチラシを見つけて行ってみました。

そこでサバトラの「ピーター(♂)」に一目惚れ、早速里親登録をして帰ってきました。

その日の夕方「トムヤムクン(譲渡前の仮名)の里親に決定しましたので、明日自宅を見学させて下さい。」と連絡があり、次の日にピーターが私の新しい子供になりました!

私の子供になった頃

里親の条件

  • ネコが飼える環境の家がある
  • 以前ネコを飼ったことがある
  • 一ヶ月以内にワクチン投与、一年以内に去勢避妊手術ができる
  • 最後まで看取る

ネコの体調、体質、健康状態

ピーターはとっても繊細なネコでした。ノミ駆除、エイズ検査譲渡前に済んでいたのですが、我が家に来てから2、3ヶ月が経った頃、アレルギー体質が発覚!

首、目の上、顎、皮膚がめくれてしまうまでかじってしまい血が滲んだ状態で獣医さんまで連れて行くと「この子はアトピー性皮膚炎を持ってますね!」ネコにもあるんだ(笑)

4歳になったピーター

大きくなるに連れて症状は落ち着いてきました。

2匹目の保護ねこヤマト

ネコの会 会長さんから時々「そろそろもう一匹飼いませんか?」と電話をもらうようになり新しい子猫の情報をもらうようになりました。

保健所から4匹兄弟を引き取りましたと連絡が来て、検査を受ける獣医さんまで面会に行き、またまた一目惚れした「ヤマト(♂)」を予約してきてしまいました(笑)

ちょっとレッサーパンダ似のヤマト
初めてのツーショット

ネコによって違う性格

ピーターは細身の足長、スマートなハンサムネコ、食事もゆっくり何回にも分けてそっと食べるたいぷ。現在 3.6kg

ヤマトはどんどん大きくなる足太なガッシリ系、食事もアッという間に空っぽでピーターの残りまで食べちゃう。現在 4.4kg

ヤマト5ヶ月頃

今後の予定

ピーター、ヤマト共にオスネコなので、今情報待ちしているのは、白ネコの女の子!

ネコ好きは2匹目を飼ってしまうと、もう何匹飼ってもいい気になってしまうものですね(笑)

喧嘩も追いかけっこもするけど、仲良し兄弟!

スポンサーリンク