猫が懐いている人にしかしない仕草や行動5つ

猫が懐いている人にしかしない仕草や行動5つ

猫は、懐いている人と懐いていない人に向けての仕草や行動が異なります。中には人懐こく、あまり態度が変わらない猫もいますが、一般的な猫の、懐いている人に対する仕草や行動を、ご紹介しましょう。

3530view

1. お腹を見せる

お腹を見せて寝る猫

猫がもっふもふなお腹を見せてくれるのは、懐いている人だけ。なぜならお腹は猫にとって急所だからです。知らない人に無防備に見せて、お腹を攻撃でもされたら命に関わります。

もちろん、お腹を見せるか否かは猫の性格によっても異なります。警戒心が強い猫は滅多なことではお腹を見せてくれないでしょうし、比較的警戒心薄めな猫は初対面でも心を許せば、お腹を見せてくれることもあるでしょう。

ただ気をつけたいのが、お腹を見せてくれたからといってお腹を触っても良いとお許しが出た訳ではないと言うこと。大抵の猫は、お腹を触られるのを嫌がりますので、勘違いして触らないようにご注意ください。

2. 側に来る

猫と女性

猫は警戒心が強いので、懐いている人でないと近寄ってきません。人から近づこうとしても、逃げてしまうのが関の山。そんな猫が自ら側に来るということは、懐いている証拠だと思って良いでしょう。

「この人は、近くに行っても危険じゃないにゃん。」と猫が認識しているからこその行動です。信頼を裏切らないよう優しく接してあげてくださいね。

3. 体を触らせる

抱っこされる猫

体を触らせてくれるのも懐いている場合です。むしろ「触ってにゃん。」と甘えて来ることさえあるでしょう。懐いていなければ、触ろうとしたとたん威嚇されてしまうかも。

触ろうとしても逃げない触ると嬉しそうにする場合、懐いていると思って間違いありません。猫が気持ち良さそうにしている以上はたくさん撫でてあげましょう。

4. 上に乗る

人の上に乗る猫

人の上に乗って来る猫、重いけど可愛いですね。これも懐いている証拠です。警戒していたら、人の体に乗るなんて荒技は慎重な猫がするハズありません。

猫が上に乗ってきたら懐かれていると思って良いですが、どかすかどうかはその人の判断です。重ければどかせば良いですし、我慢してそのままでいるのも1つの選択。大抵の人はどかせず、トイレも我慢して過ごす場合が多いようですが。

5. ふみふみ

男性に抱っこされる猫

前足を交互にグーパーして、人をふみふみする動作をしたら相当懐いていると思って良いでしょう。これは、子猫が母猫の母乳の出を良くする為に行う仕草です。

人に向かってふみふみするということは、かなり甘えているということです。そう、まるで母猫に甘えるかのように。ですから、もし猫にふみふみされたら猫が母猫代わりだと思ってくれていると思っても問題ないでしょう。

まとめ

BURI

もし猫が、ご紹介した全ての仕草をしなくても懐いていない訳ではありません。基本的に、側に行っても逃げないようなら懐いていると思って良いでしょう。

猫によって人の上に乗らなかったり、ふみふみしなかったりする場合もありますので、落ち込まないでください。楽しい猫との時間をお過ごしください!

スポンサーリンク