猫と一緒に暮らすと得られるメリット6つ

猫と一緒に暮らすと得られるメリット6つ

猫と人間の関係は約9500年前に遡ると言われています。人間の生活を守る動物として、信仰のシンボルとして、そしてかけがえのないパートナーとして猫は立場を発展させています。猫と暮らすことによって得られるメリットは実は身体的にも精神的にも大きいのです。

3430view

1. 猫は愛らしい薬!

女性と寝る猫

猫に「おはよう」「おやすみ」「可愛い」など話しかけながら触れることにより、飼い主の気持ちがホッとして、脳へ刺激が行き愛情のホルモンであるオキシトシンが分泌されます。

ホルモンの役割

このオキシトシンは人間をリラックスさせる、幸せホルモンであるセロトニンの分泌も促進します。嬉しそうな猫の様子を見てまた「撫でたい→ホルモン分泌」という輪ができます。猫がペロペロと舐めてくれる皮膚への刺激がプラスされると、さらに幸せの輪が広がります。

これらのホルモンは、免疫力を下げるアドレナリンとコルチゾールを抑える効果があり血圧も下げます。その上寿命も延びると明らかになっていますので、猫と暮らすだけで心も身体も健康になれます。
猫の動画を見ているだけでも効果がありストレスが減るそうですよ。

2. 会話が増えてくる!

家族の中の猫

猫が家庭にいるだけで猫を話題にして「今日は◯◯ちゃんが◯◯だったよ」などと家族と楽しい会話が増えてきますよね。人間は会話をする事により頭の中身を整理したり、悩みを解消したりできます。子はかすがいということわざと同じように、猫が家族の絆を深めかすがいになります。

独り暮らしでも猫と暮らしていれば猫と会話ができるので同じ効果があります。猫が縁での交遊関係も広がりますよね、家族自慢は角の立つ事がありますが猫自慢は問題ありません!

3. 日々の生活が整ってくる!

時計と猫

猫が家にいるので早く帰りたいと感じ、外で遊ばなくなり無駄使いも減ります。猫と遊んで暮らす事によって早寝早起きにもなるでしょう。

猫の抜け毛対策に家の掃除も定期的にしますので、綺麗な家を保ったり、大きな音が苦手な猫のために静かに動くようになり、集合住宅でのルールを気持ちよく守れるようになります。いやはや、良い事づくしの猫との暮らしですね。

4. ありのままの自分で良いと思える!

少女と猫

自分を大切にする事ができる猫は周りも大切にできます。猫は誰かに好かれようとしているのではなく、したい事を素直にしているだけですが、それで愛らしい動物です。猫は飼い主に媚びる事はありませんが、飼い主の事を無条件で愛してくれています。

この素直で偽りや虚飾の無い愛情によって「自分らしく生きるだけでいい」と太鼓判を押されているように感じ安心できます。自分のことを大きく見せることは無いと理解し、自信を持ち人に対して無理をしなくなります。

5. 猫は人生のコーチ!

graduate capをかぶる猫

世の中は思い通りにならないのですが、猫も飼い主の思い通りには全くなりません。愛する猫を優先にして猫から振り回されてみましょう、そうすると人間たちには振り回される事がなくなるそうです。

猫とのコミュニケーションにあれこれ悩むことで、人間社会のコミュニケーション力がアップします。攻撃することをコントロールし、無用の争い事を避ける動物である猫は本当に人生のコーチです。猫を褒めていると、人の良さも沢山見えてくるそうですよ。

6. 周りについて知りたくなる!

本を見る猫と人

猫と暮らすと、大好きな猫のことをもっと知りたくなります。そうすると猫だけではなく自分自身の周りの事にも好奇心がくすぐられて、いつの間にか様々な事に興味を持つ、今以上に愛情深い人になっています。

子供時代から猫と暮らすと健全な自分自身をイメージでき、他の人や動物に対して配慮をしやすくなるそうです。自分以外の人や動物のお世話をすることへの喜びや責任、絶対に避ける事のできない「死」について考える事ができるようになるそうです。

まとめ

マミ

猫と一緒に暮らすと得られるメリット6つについてお伝え致しました。現代は犬型社会から猫型社会へ移行しつつあるそうです。それは猫にしかできない仕事があるからだと、人間が自ら感じているからなのかもしれませんね。

スポンサーリンク