本当は甘えたいけれど甘え方が分からない猫の特徴3つ

本当は甘えたいけれど甘え方が分からない猫の特徴3つ

猫ちゃんは個体差が多く存在します。中には甘えたいけれども甘え方が分からない性格の猫ちゃんもいます。飼い主さんとしてはぜひ特徴を覚えて見逃さないようにしていただければと思います。

1255view

猫ちゃんは様々な個体差があります。中には甘えたいのに甘えられない性格の子もいます。飼い主さんとしては、甘えたそうなサインを見つけることで、配慮することが可能です。猫ちゃんに甘えることの大切さと、嬉しさを教えてあげることはとても大切なことなのです。

1. 野良猫育ち

白い野良猫

元々の性格の差もありますが、育ってきた環境の差が性格に影響することもあります。特に元々は野良猫として生活していた子が、途中で人間の手で飼われる事になったパターンです。甘え方が分からないに加えて、甘えることでどんなに気持ちいい事が待っているのかも、分からないのでしょう。飼い主さんは惜しみない愛情を注ぐ事で、ゆっくりと甘え方を教えてあげる必要があります。

2. クールな性格

メガネかけてる猫

猫ちゃんには様々な性格があるのは確かですが、血や品種による違いというのも、割合として無視できません。特にチンチラやペルシャといった猫種は、気高い性格をしていて自立心が旺盛です。また真っ白な毛色の猫ちゃんも、自立して生活する傾向にあります。これらはペットショップで見かけても、やはり積極的に人間の方に寄ってくるタイプとは言えません。

育ってきた環境の影響も受けますが、元々甘える気質を持ち合わせていない猫ちゃんにとって「甘える」ということは、苦手な類に入るかもしれません。クールでツンデレな猫ちゃんが好き、という飼い主さんはぜひ上記の特徴を持つ猫ちゃんを、探してみて下さい。

3. 飼い主さんのことが苦手

不審そうにみている猫

残念なお話になりますが、猫ちゃんによっては飼い主さんのことが苦手で、甘えたいのに甘えられないという現状の子もいます。猫ちゃんにとって「苦手だ」と思われてしまうと、甘えてくれません。

具体的には大きな物音立ててきたり、急に動く人間のことは苦手です。猫ちゃんが「子供嫌い」と言われるのもそういった特徴から来ています。またしつこく構ってくる人間のことも苦手です。猫ちゃんに一度苦手と思われてしまうと、甘えてくれる姿は見せてくれません。

その場合はまずは猫ちゃんの性質を知り、信頼関係の築けるコミュニケーションをとることから始めてみましょう。

まとめ

りこちゃん

どういった理由で甘えたいのに甘えられないのかで、飼い主さんの対処法も変わりますので、まずは見極めることが大切です。その中で、猫ちゃんが甘えやすい環境を作ってあげることが近道と言えます。

ただでさえ可愛い猫ちゃんは、甘える姿をとるとさらに可愛く見えることでしょう。飼い主さんとしても、腕の見せ所になると思われますので、まずはお互いにとって無理のないコミュニケーションから、取ることを始めてみましょう。

スポンサーリンク