猫がお尻をふりふりしている時の心理4つ

猫がお尻をふりふりしている時の心理4つ

猫ちゃんを飼っているとお尻フリフリしている場面に出会ったことはありませんか。人間にはない独特な動きでとても可愛らしいのですが、どうしてこのような行動をとるのでしょうか。

2449view

猫ちゃんがお尻フリフリしている姿は、猫を飼ったことのある人だと一度は見たことがあると思われます。そのままでも可愛らしい姿なのですが、お尻を一生懸命に振っている姿は一層可愛く見えます。しかしこの状態の時、猫ちゃんは一体どのような心理状態なのかをご紹介していきます。

1. ターゲットに飛びかかる準備

狙っている猫

獲物や獲物と見立てているおもちゃを発見し、今にも飛びかかろうとする時に、お尻をフリフリしている事を見かけることが多いです。これは飛びかかる準備をしているためです。

猫ちゃんは普段はあまり動かずに体力を温存していますが、いざ動く時にじっと固まっていた状態からすぐには動けません。そのためお尻をフリフリして、いわゆる準備運動をしているわけです。

人間も運動をする際にはウォーミングアップを行います。それと同じで、いつでも動けるように確実に獲物を仕留めることができるように、お尻をフリフリするのです。油断するのを待っている間などにも、猫ちゃんはしっかりと準備を着々と進めているのです。

2. 勢いをつけておきたい

狙いを定めている猫

上記を少し被りますが、獲物を仕留めるためにはパッと飛びついて一気に距離を縮める事が、狩りの成功率をあげます。そのためにお尻をフリフリする事で、後ろ足に力を溜め込んで、強く蹴り出せるようにしています。いわゆる後ろ足の爪は人間でいうスパイクのような役目を果たしており、瞬発力を出せるような構造になっています。

3. タイミングを見ている

窓を見ている猫

獲物に飛びかかるのに最適なタイミングを見計らっている最中も、お尻をフリフリします。目や耳はターゲットに合わせていますが、相手の動きに合わせて飛びかかるタイミングを、この仕草で虎視眈眈と測っています。

4. 夢中になっている時

見つめている猫

獲物だけではなくおもちゃに夢中になっている時も、猫ちゃんはお尻をフリフリします。夢中になって遊んでいる証拠でもあり、獲物に見立てて一生懸命に追いかけています。早く捕まえたいという気持ちと、冷静にならねければという気持ちが入り混ざって、お尻をフリフリしています。飼い主さんとしても暖かく見守ってあげて下さい。

まとめ

シロン

お尻をフリフリする仕草は、猫ちゃんの野生の本能の名残として現れているものです。室内飼いをされている猫ちゃんでも、おもちゃを与える事で見られる行為ですので、一生懸命な姿を温かく見守ってあげましょう。

また、狩りごっこを通して猫ちゃんのストレスを解消してあげることは、飼い主さんとしての大切な役割でもありますので、定期的に遊んであげることも気を遣ってあげましょう。

スポンサーリンク