猫が飼い主のそばから離れない時の心理5つ

猫が飼い主のそばから離れない時の心理5つ

猫がどうしてか、ずっと飼い主さんのそばから離れない…猫なりの理由があるのでしょう。猫はどんな心理の時、飼い主さんのそばを離れようとしないのでしょうか?その謎を一緒に、解いて行きましょう!

2317view

1. 寒い…

暖房器具と猫と女性

寒さを感じている時、猫は飼い主さんのそばから離れないことがあります。飼い主さんの体が湯たんぽ代わりになって温かいので、ずっとくっついて離れようとしないでしょう。

飼い主さんが動きたくなって猫をどかそうとすると、「何?」というように、納得できない顔をされてしまうでしょう。

とは言え、トイレや家の用事などでどうしても猫をどかさなければいけないことは多々あります。猫をどかすのに心が痛むのですが、そこは気合を入れてどいて貰いましょう。

2. 眠い

人の膝の上で眠る猫

眠い時、飼い主さんのそばを離れない場合もあるでしょう。特に飼い主さんを母猫代わりに慕っていると、眠くなるとそばに来てウトウトしはじめるかもしれません。

飼い主さんのそばにいると、母猫に守って貰っているような感じがして安心できるのでしょう。うっとりとした表情を見せてくれる猫は、とても可愛らしいです。優しく顔付近を撫でてあげると、幸せそうに喉を鳴らして、飼い主さんも猫も楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

3. 分離不安

人の肩に頭を乗せる猫

分離不安の猫は、飼い主さんのそばを離れることを嫌がります。分離不安とは、少しでも飼い主さんから離れると猫が不安に陥ってしまう精神症状です。

飼い主さんとベッタリの関係になってしまうと、分離不安になってしまうことがありますので、いくら猫が可愛くても適度な距離を保って接するようにしましょう。

猫が分離不安になると、飼い主さんが出かけようとするとソワソワしたり、留守番中に粗相や破壊行動を起こしたりしてしまいます。もし猫がそんなことになってしまったら、早めにかかりつけ医に相談しましょう。

4. 構って欲しい

鳴く猫

飼い主さんに構って欲しくてそばを離れないことも。前足でのちょいちょいや、鳴くなどして構ってアピールするかもしれません。

忙しくても少しだけ手を止めて、猫をナデナデしてあげると喜びます。飼い主さんが猫を構いたくなっても、猫が乗り気でないと拒否されることがありますので、猫が自分で構って欲しいと言って来た時が絶好のチャンスです。逃さないようにしてくださいね!

5. お腹が空いた

餌をねだる二匹の猫

お腹が空いたので、飼い主さんのそばを何かを貰えるまで、離れない場合もあるでしょう。一日のご飯の量は守りつつ、空腹を満たしてあげてくださいね。

筆者宅の猫はお腹が空くと、じ〜っとそばに座って、上目使いで見つめて来ます。ご飯が貰えるまでその場を動こうとしないので、いつも射るような視線に困っています。もちろん、きちんと必要な量はあげてますよ!!

まとめ

虎(トラ)

猫が飼い主さんのそばを離れない時は、猫なりの理由があることが分かりました。どれも頷ける理由ではあるのですが、心配なのが分離不安の時ですね。

日頃から猫と必要以上にベタベタしない関係作りを行うのが、お互いの為です。十分気をつけて行きましょう!

スポンサーリンク