猫にキャットタワーを与える効果と選び方

猫にキャットタワーを与える効果と選び方

設置すれば手軽に猫の遊び場となる『キャットタワー』は、猫にさまざまな効果をもたらしてくれます。まだキャットタワーを利用していないのでしたら、愛猫好みのものをプレゼントしてあげると今よりもさらに快適で楽しい生活を送らせてあげられること間違いなしといえるでしょう。

726view

キャットタワーの効果

くつろぐ猫

運動不足を解消できる

太い棒の上に猫が乗れる板やハンモックがついていたり、ドーム型の寝床が取り付けられていたりするキャットタワー。そんなキャットタワーは猫の生活に必ず必要!とはいえませんが、猫にとって楽しい遊び場となることが多く、さまざまなメリットを猫に与えるので出来れば用意してあげることをおススメします。

例えば、キャットタワーで遊んでいると低い場所から高い場所にある板に移動する。といった足腰を使う上下運動を行うので運動不足の予防になります。特に、背の高い家具がないので愛猫が普段高い場所に上る機会がない。運動できるスペースがあまりない。といった場合はキャットタワーがとても役立つといえるでしょう。

ストレス発散効果がある

キャットタワーは猫が好む遊び道具がたくさん取り付けられることが多いです。

  • 高い場所に板がある(上から見下ろせる)
  • 土台となる棒に縄が巻かれていて爪研ぎができる
  • 隠れられるドーム型の寝床がある
  • オモチャがぶら下がっている

など、楽しめる機能が充実していますのでイライラを解消したり猫がリラックスしやすく、ストレス解消効果があるといえます。

猫のお気に入りの場所が増える

キャットタワーは基本的に縦の空間を使うものとなるので部屋のスペースを取り過ぎないようにしながらも、愛猫のお気に入りの場所や寝床を増やしてあげることができます。これは飼い主、愛猫双方にとってメリットといえるでしょう。

キャットタワーの選び方

キャットタワーから覗く猫

成猫に向いているキャットタワー

キャットタワーの選び方は基本的には愛猫にあったものを選ぶのがベストといえます。例えば、愛猫がどこかに隠れるのが好きなのでしたら、ドームハウスが複数付いているものを選んであげる。高い場所でくつろぐのが好きな場合は背の高いキャットタワーを選ぶ。といった感じで選んであげると良いと思います。

ただ、これだけだとザックリとしていますのでキャットタワーの基本的な選び方『年齢による選び方』をお伝えします。キャットタワーには実に様々なタイプがあるのですが、大きく分けて『据え置きタイプのキャットタワー』と『天井に固定するタイプのキャットタワー』の2種類があります。

据え置きタイプ

『据え置きタイプ』は『天井に固定するタイプ』のものと比べると高さが低いものが多く、ただ地面に置いているだけなので安定感がありません。ですので、活発に動きやすい成猫には不向きな傾向にあります。

天井に固定するタイプ

一方『天井に固定するタイプ』のキャットタワーは、地面と天井でタワーを固定するので安定感があり、高さもあるものが多いです。成猫はたくさん運動をしますし力もありますので、しっかりとした『天井に固定するタイプ』は成猫に向いているといえるでしょう。

子猫やシニア猫に向いているタワー

成猫は高さがある『天井に固定するタイプ』がおススメとですが、逆に子猫やシニア猫は高さがありすぎると何かの拍子に転落してケガをしたり、足腰の関節を痛める可能性がありますので『高さがあまりないキャットタワー』がおススメします。加えて子猫の場合はオモチャが付いていてひとりでも遊べるもの。シニア猫はゆっくりくつろげる寝床があるものが理想的となりやすいですよ。

キャットタワーを選ぶときに注意しておきたいポイント

キャットタワーと猫

強度はしっかりしている?

猫がキャットタワーを利用しているときは、割とキャットタワーに衝撃や負荷がかかってしまいます。ですので、強度がしっかりしているものを選ぶことが大切となります。大体の場合は商品説明の部分にどれだけの重さに耐えれるかが分かる『耐荷重』が記入されていますので、愛猫の体重を支えられるかどうか確認しましょう。

ちなみに耐荷重が愛猫の体重ギリギリのものは使っていると破損する可能性が高いので購入しないようにしましょう。安全面を考えると最低でも愛猫の体重の1.5倍を支えられる耐荷重のものが理想といえます。

滑りにくくない?

キャットタワーに使用されている素材は実に様々です。なかには滑りやすい素材で作られていて愛猫が滑って転落する危険性があるものもありますから、滑りにくい素材で作られているか確認しながら選ぶようにしてくださいね。

安定性はある?

キャットタワーのなかには、バランスが悪くて安定感がないものも少なからずあります。例えば、土台が軽いのに上の部分にあるドームハウスや板が重い。そういったキャットタワーは猫が上に備え付けてあるドームハウスや板に上ったときにグラグラしやすく、運が悪いとキャットタワーごと転倒してしまうことがあります。ですので、キャットタワーを選ぶときは安定感があるかどうかキチンと調べるようにしてくださいね。

ちなみに『天井に固定するタイプ』のキャットタワーは地面と天井に固定しているので安定感がありますが、ずっと使っていると固定している部分が緩んでグラつきが出ることがあります。ですので定期的に金具が緩んでいないか確認するようにしてくださいね。

まとめ

プル

キャットタワーは猫にさまざまな効果を与える遊び場になります。ただ、選び方を間違えてしまうと愛猫がケガをしてしまう可能性も少なからずあるといえるでしょう。

飼い主が安全対策をしっかり行えば愛猫のケガを予防することができますので、こまめにキャットタワーの状態を確認することが大切といえるでしょう。愛猫に快適で楽しい生活を送らせてあげられると良いですね。

スポンサーリンク