猫にメープルシロップを与えても大丈夫?過剰摂取に注意!

猫にメープルシロップを与えても大丈夫?過剰摂取に注意!

メープルシロップはホットケーキなどに使われる甘い飲み物ですが、甘いものに敏感な猫は食べたがることがあるかもしれません。ここでは、猫がメープルシロップを食べても大丈夫なのかについて解説します。

877view

猫がメープルシロップを食べても大丈夫?

猫にメープルシロップを与えることはおすすめできません

メープルシロップと味が似ているものにハチミツがありますが、どう違うのかと聞かれると、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

メープルシロップは、サトウカエデやトウカエデなどの植物の幹から樹液を採取して煮詰めた甘味料です。

ハチミツは、ミツバチが花から集めた蜜を蜂の巣に濃縮して作った自然食品です。

メープルシロップは、はちみつよりも低カロリーですが、炭水化物を多く含んでおり、毒ではないものの、猫にとってはあまり良いものではありません。

そのため、猫がメープルシロップを食べることは問題ないのですが、食べることによる猫へのメリットはほとんどありません。

猫はメープルシロップのような甘い匂いに敏感なので、食べたくなることがありますが、猫にメープルシロップを与えることはおすすめできません。

猫はメープルシロップの過剰摂取に注意!

猫はメープルシロップの過剰摂取に注意

猫は少量であればメープルシロップを食べることができますが、猫がたくさん食べたいとおねだりして、大量に与えてしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

メープルシロップの過剰摂取には以下のような危険性があると言われています。

肥満の原因になる

メープルシロップは炭水化物を多く含んでいるため、過剰に摂取すると肥満の原因になる可能性があります。

人間がメープルシロップを大量に食べてもそれほど危険はありませんが、人間より体の小さい猫がメープルシロップを過剰に摂取すると、肥満により以下のような病気になる可能性があります。

  • 糖尿病
  • 心臓疾患
  • 椎間板ヘルニア
  • 変形性関節症
  • 膀胱結石

〈糖尿病〉
人間でも糖尿病は発症しますが、猫も肥満になると糖尿病になりやすいと言われています。

猫は人間以上に血糖値のコントロールが難しく、糖尿病になってから1~2年程度で死亡することが多いそうです。猫にとって糖尿病は命に関わる病気なのです。

〈心臓病〉
猫は肥満により脂肪が増えると、心臓に大きな負担がかかります。猫の肥満による心臓病で最も多いのが「心筋症」です。

猫が心筋症を発症すると、まず元気がなくなり、心臓に負担がかかって呼吸困難になり、運動不足になって動けなくなるなどの症状が出ます。

〈椎間板ヘルニア〉
肥満により体重が増加すると、猫の体にも負担がかかります。増えた体重は背骨に負担をかけ、椎間板ヘルニアになる可能性があります。

〈変形性関節症〉
猫の肥満により関節に負担がかかることで変形性関節症が起こることがあります。変形性関節症は、肥満などの要因で関節部やその周辺の軟骨が変形し、痛みを感じるようになることで発症します。

〈膀胱結石〉
膀胱結石の具体的な原因は不明な部分が多いのですが、食事が関与している可能性が高いと言われています。猫を肥満にするような食事はあまり良いとは言えず、膀胱結石が発生する可能性が高くなると考えられます。

下痢や嘔吐などの消化器系のトラブルにつながる

そもそも、人間の食べ物であるメープルシロップは、猫にとって消化しにくいものです。

また、猫は普段の食事と違うもの、慣れないものは消化が悪く、下痢や嘔吐などの消化不良を起こしやすいことが多いです。

メープルシロップはもともと猫の食べ物ではありませんし、そのような馴染みのない食べ物をいきなり過剰に与えることは、猫のお腹によくありません。

下痢や嘔吐を引き起こすと、消化器官が荒れてしまいます。その際は、食べ慣れたフードに戻し、消化の良いふんわりとしたフードを与えて、少しずつ調子を整えてあげてください。

アレルギー症状が出ることがある

猫も人間と同じように、アレルギーを発症することがあります。多くの場合、その食品を試してみないとアレルギーであることがわかりません。

そのため、初めて食べる食品にアレルギーを起こす可能性もあるので、最初からたくさん与えず、少しずつ与えて体調に変化があるかどうかを確認しましょう。

また、メープルシロップは植物の幹から抽出されるため、その植物にアレルギーがある場合、アレルギー症状を引き起こす可能性があります。

アレルギーの症状の多くは、皮膚のかゆみで掻きむしってしまい、毛が抜けて剥げてしまうこともあります。また、ひどい場合は下痢や嘔吐をすることもあるので、あまり与え過ぎないようにしましょう。

人間の食べ物は味が濃いので癖になる

メープルシロップはもともと人間の食べ物として作られたものです。

人間の食べ物は基本的に味付けが濃く、砂糖や塩分を多く含んでいます。味の濃い食べ物を食べさせることは、猫の小さな体に大きな負担をかけてしまいます。

また、いつものフードよりも味が濃かったり、いつも食べていない味であることから、メープルシロップが癖になっててしまう猫もいるようです。その結果、キャットフードを食べなくなることもあります。

まとめ

メープルシロップは猫に与えることができますが、糖分が多く、肥満の原因になりやすいため、猫にとってあまりメリットがありません。

メープルシロップを過剰に与えると、肥満になりやすく、肥満からくる様々な病気のリスクもあります。肥満による体重増加は、骨や体に大きな負担をかけます。

そのような負担は、椎間板ヘルニアや心臓病などの病気につながる可能性があります。猫がふっくらとしている姿はかわいいものですが、肥満から命取りになることもあります。

人間の食べ物は基本的に味が濃く、炭水化物を多く含む食品が多いので、猫には与えないことをおすすめします。

猫にメープルシロップを与えることには、様々なリスクがあります。愛猫を病気などの危険から守り、末永く一緒に過ごすためにも、健康的な食生活を心がけましょう。