猫に絶対与えてはいけない『飲み物』5選!最悪の場合は死の危険も…?

猫に絶対与えてはいけない『飲み物』5選!最悪の場合は死の危険も…?

私たちがいつも飲んでいる飲み物には猫の体に悪影響を与えてしまうものがたくさんあり、なかには少し飲んだだけで命を落としてしまう危険性がある飲み物も存在します。あなたがテーブルによく置き忘れている飲み物…愛猫が飲むと危険な目にあってしまうかもしれませんよ。

11103view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.カフェインの入っているお茶・飲み物

猫が描かれているコーヒー

私たち人間が口にする飲み物にはカフェインが入っているものがたくさんありますよね。

例えば…、

  • コーヒー
  • ココア
  • コーラ
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • 栄養ドリンク

など

これらの飲み物にはカフェインが含まれているのですが、猫が摂取してしまうと中毒を起こしてしまうので絶対に与えないようにしましょう。もし猫がカフェイン中毒を引き起こしてしまうと中枢神経を強く刺激し、神経や心臓などに負担をかけてしまうことになります。

症状としては『嘔吐』『ふらつき』『動悸』『けいれん』『呼吸困難』などが出ることが多く、酷い場合だと命を落としてしまうこともあります。お茶やコーヒーなどはテーブルの上につい置きっぱなしになることが多いと思いますので、愛猫が口にしないよう部屋を離れるときは必ず片付けるようにしてくださいね。

2.お酒(アルコール)

様々なお酒

お酒も猫に絶対与えてはいけない飲み物となります。猫はアルコールを分解することができないのでお酒を少し飲んでしまうだけですぐに強い中毒症状がでてしまう可能性が非常に高いといえます。

もし誤って猫がお酒を口にしてしまうと『下痢・嘔吐』、『内臓(特に肝臓)に強い負担をかける』、『意識障害』や『呼吸困難』『昏睡状態』といった症状が出ることが多く、死に至ってしまうことも少なくありません。

また、猫はアルコールのにおいを嗅いだだけでも中毒症状が出てしまうことがありますので、愛猫がいる場所にはお酒を置いたままにしないようにしましょう。

3.硬水のミネラルウォーター

コップの水と猫の足

「愛猫に与える水は少しでも良いものを飲ませてあげたい」そう感じてミネラルウォーターを飲ませている飼い主は少なからずいると思います。

しかし、種類によってはミネラルウォーターは猫にとって危険な飲み物となりますので要注意。猫は結石ができやすい生き物となるのですが、硬水のミネラルウォーターを飲ませると結石がさらにできやすくなってしまう可能性が非常に高いそうです。

なんでも硬水のミネラルウォーターには結石の元となる『カルシウム』や『マグネシウム』が豊富に含まれているのが原因のようですね。特に尿路結石を発症している猫に硬水のミネラルウォーターを飲ませると症状を悪化させてしまい苦痛を与えることになるので飲ませないよう気をつけてくださいね。

もし質の良い水を飲ませたいのでしたら『ペット用のミネラルウォーター』をおススメします。

4.炭酸が入っている飲み物

美味しそうなコーラ

炭酸飲料は「少しだけなら猫に飲ませても大丈夫」といわれることがあるのですが、私の個人的な意見としては猫にとって絶対NGとなる飲み物だといえるでしょう。

なぜなら飲ませるメリットがほぼなく大きなデメリットがあるからです。炭酸飲料には『炭酸』が入っていますよね。この炭酸が実にやっかいな代物で、猫が炭酸の入った飲み物を飲んでしまうと胃の中でガスがずっと溜まった状態になることがあります。

猫は人間のようにげっぷをして体内のガスを出すのが得意ではないので長時間胃の中にガスが溜まってしまう可能性があります。その結果溜まったガスの影響で胃が拡張してしまい、胃が捻じれる恐れがあります。

回復できなければ命を失ってしまうこともあるので、愛猫がシュワシュワしている炭酸に興味を示しても絶対に飲ませないようにしてくださいね。

5.人間用のスポーツドリンク・栄養ドリンクもNG

栄養ドリンクを持つ人の手

愛猫の元気が無いときに栄養補給させようとして『人間が飲むスポーツドリンク』や『栄養ドリンク』を与えようとする飼い主も中にはいることと思います。

しかし、これらの飲み物は人間が栄養を補給するために作られた飲み物ですので猫にとってNGな飲み物です。特に栄養ドリンクは猫が中毒を起こすカフェインが含まれていることがほとんどなので絶対に与えてはいけない飲み物といえるでしょう。

人間用のスポーツドリンクには砂糖や塩分、ミネラルが豊富に入っていますので猫が飲むとそれらの成分を摂取しすぎてしまうことになります。

一度少量のスポーツドリンクを飲ませたくらいではすぐ悪影響がでにくいといえますが、何度も飲ませると『肥満』や『高血圧』になったり『結石』『腎臓系の病気』を発症してしまう危険性があるので飲ませないようにしてくださいね。

また、腎臓系の病気をもっている猫が塩分の入っている人間用のスポーツドリンクを飲むと症状が悪化してしまうことになりますので絶対与えないようにしましょう。

もし愛猫にスポーツドリンクを飲ませたいときは猫用(ペット用)のスポーツドリンクを飲ませあげると良いと思いますよ。ただ、愛猫が持病を持っている場合は念のため獣医に飲ませても大丈夫か相談するようにしてくださいね。

ちなみに愛猫の食欲がなかったり熱中症になったりしてしまったときは応急処置の1つとして人間用のスポーツドリンクを薄めて飲ませてあげると良い場合もあります。ですが、基本的に人間用のスポーツドリンクはNGと思っておきましょう。

まとめ

蛇口から水を飲む猫

今回は猫に絶対与えてはいけない飲み物を5種類ご紹介しました。どれも人間が日頃よく飲むものばかりとなりますのでテーブルに置いたままにしてしまうことってあると思います。しかし、そんな人間にとって身近な飲み物は猫が口にすると最悪の場合命を落としてしまう可能性がありますので、愛猫が飲まないようつねに気をつける必要があるといえるでしょう。

スポンサーリンク