ケージを嫌がる猫に慣れさせる方法4つ

ケージを嫌がる猫に慣れさせる方法4つ

ケージに入っている時に怒られた、薬を飲まされた、他の猫や動物にいじめられたなど嫌な経験をしていたり印象が悪いとなかなか入ってくれないでしょう。嫌な印象をなくし猫が楽しくケージに入ってくれるように様々な方法を考えてみたいと思います。

251view

1.ケージは飼い主の長くいる場所に置く

ケージの中の猫をなでる人

飼い主があまり出入りしない部屋に置くと、ケージが猫の日常生活に関わらなくなってしまいます。リビングなど人の出入りのある場所に設置して、猫がケージを使いやすいようにしてあげましょう。ケージは直射日光より、間接的な光の入る部屋の壁が向いているようです。窓の側の気持ちの良さそうな場所に置いてくださいね。

2.小さな頃からケージを側に置く

ケージ中の二匹の子猫

子猫の時からケージに慣れさせると、ケージを自分のテリトリーと認識してくれやすい一番問題の少ない方法です。ケージの扉は開けっ放し、もしくは取り外して中への出入りも自由にできるようにします。ケージの上も乗って遊んだり眠れるように、タオルを敷いて平らにしておきましょう。猫が自分から率先してケージを利用すれば大丈夫です。

成長に合わせてケージを大きくできる物もありますが、レイアウトが変わると猫は自分のケージとあまり思えないようです。ケージを大きくしようと考えている場合は、最初から必要な大きさで作っておく方がよいでしょう。

3.猫に必要な物を中に置く

ケージ内のトイレに入る猫

ケージの中に猫の生活に必要な物を入れておくと、猫が嫌がらずに使うようになるかもしれません。2つあるうちの一つのトイレをケージ内に入れたり、水飲み場をケージ内に作るのも良いでしょう。ただしトイレと食べたり飲んだりする場所は違う方がよいので、どちらかにしてくださいね。

4.おもちゃで遊ぶ

ハンモックに乗る猫

ケージの中に誘導するのに、おもちゃを使うのも良い方法です。ケージの外から中に紐をたらしたり、ボールを中に投げ込んだりして、遊びに誘ってみてください。遊び好きな猫でしたらケージを嫌な場所から楽しむ場所として、認識を変えてくれるようになるでしょう。

まとめ

じゃじゃ丸

ケージを嫌がる猫に慣れさせる方法4つについてお伝え致しました。ケージの印象を良くする方法はいくつかあります。猫の性格に合わせて方法を選択するとよりスムーズになります。人間の家も実際のところ猫にとってのケージと一緒なのかもしれませんね!

スポンサーリンク