猫が飼い主と一緒に寝たいときのサイン5つ

猫が飼い主と一緒に寝たいときのサイン5つ

猫にとって睡眠は、とても大切です。その大切な時間を大好きな飼い主さんと一緒に過ごしたい、と思うことがあるようです。そんな時猫は、どんなサインで教えてくれるのでしょうか?チェックして行きましょう!

5387view

1. 自分から布団に来る

布団にいる猫

猫が飼い主さんと一緒に寝たい時は、自分から布団に来て、寝ようとします。飼い主さんの側に寝る場合、上に寝る場合、布団の中に入る場合と、様々でしょう。

猫が寝る位置によって、猫の気分や性格が分かると言います。飼い主さんの頭付近に寝る場合はとっても甘えん坊、足の間に寝るのは、一緒にいたいけど手は出されたくない場合。足の近くは自立している猫なのだそう。

いずれにしても猫と一緒に寝るのは、とっても幸せな時間です。

2. 飼い主さんの後を付いて来る

人の上に乗る猫

一緒に寝たくて、飼い主さんの後を付いてくる猫もいます。飼い主さんが寝るのを、今か今かと待っているのでしょう。

飼い主さんが動く度に、付いて回るかもしれませんね。そんなに待たれるなら、早く寝てあげなきゃ!!と焦ってしまいそうです…。

3. じっと見つめる

見つめる猫

「いつ寝るの?」とばかりに、じ〜っと見つめてくる場合も。要求がある場合、飼い主さんの側に陣取って見つめる猫は、多いです。

それがご飯要求なのだか、寝ようよ要求なのかは分かりませんが、そこは飼い主さんが察してあげる必要があります。

飼い主さんと寝ると、特に冬は暖かいので、一緒に寝たがるようです。大好きな飼い主さんの匂いに包まれながら、安心してほっかほかな状態で寝るのは、猫にとっても幸せな時間なのでしょう。

4. 鳴く

鳴く猫

「いつ寝るの〜?」と鳴くこともあります。よほど、飼い主さんと一緒に寝る時間を、欲しているのでしょう。「早く寝よ〜よ!」と急かされたら、困ってしまいます。

でも可愛い猫の頼みなら、ちょっと早いけど寝てしまっても良いかな、という気も…。そんなことをしていたら、立派な猫のしもべになってしまいますが、まぁそれでも、良いですかね?

5. 布団をカキカキする

布団を被る猫

猫が一緒に寝たい時、布団をカキカキして、布団に入ろうとすることがあります。猫にとって飼い主さんの布団の中は穴ぐらと同じなので、安心して寝れる場所なのでしょう。

猫が近くに来たら、布団を少しめくってあげると、入りやすくなります。もし猫と一緒の布団に入りたいのなら、飼い主さん側もアピールすると、良いでしょう。

猫が布団に入って来てくれると湯たんぽ代わりになって、冬は特に重宝します。お互い温かく、寝ることができますよ!

まとめ

うづき

猫と一緒に寝るかどうかは、飼い主さんの判断です。衛生上の問題で、猫とは一緒に寝ない、という飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

もちろん、猫とくっつきほっかほかな状態で一緒に寝る!という方も。猫と一緒に寝たいなら、猫の「一緒に寝よう」サインを見逃さないように、注意しないといけませんね!

スポンサーリンク