猫とスキンシップを取るべきタイミング6つ

猫とスキンシップを取るべきタイミング6つ

猫の身体を触る事は猫の健康を保つためにも大切です。それではどのようなタイミングでスキンシップを行えば猫は嫌がらないでしょうか。いくつかポイントをお伝えしたいと思います。

1302view

1.毎日の食事の時

手から食べる猫

生きる物にとって食事の時間はとても大切です。食事をしているタイミングは敵から襲われやすいために、イエネコでないと食事をしている時間中に人間に見せるようなリラックスした態度はとれないでしょう。この食事時間こそ猫との大切なスキンシップの時間にできると良いでしょう。猫が食事を催促しにスリスリしたり側に寄ってきた時に、話しかけたり撫でたりして深い交流をはかりましょう。

2.ブラッシング

ブラッシングを喜ぶ猫

毎日の猫へのお世話にブラッシングがありますね。ブラッシングは毛球症や皮膚病の予防をしたり、猫の健康をチェックする目的と、飼い主と猫とのスキンシップを進展させる事も、大きな目的になっています。ブラッシングが苦手な猫も飼い主とのスキンシップから、徐々に好きになる場合も多くあるようです。

3.甘えてきた時

寝転がってお愛想中の猫

猫が甘えたくて側に来たときは、思い切りスキンシップをしてあげましょう。気に入りの撫でる箇所、顔周りや腰パンなどして猫を喜ばせてあげてくださいね。

4.遊ぶ時

おもちゃを狙う猫

目の前で突然直線ダッシュをしたり逃げたら、猫から遊びに誘われています。おもちゃでじゃらしたり追いかけっこをしたりして遊びますが、ゴロンと寝転び始めたら終了です。思う存分遊んだ後はしっかりと撫でてスキンシップをし、リラックスをさせてあげましょう。

5.眠る時

ベッドの上で眠る猫

夜眠る前に猫へおやすみの挨拶を兼ねて身体を撫でて、スキンシップをしてくださいね。毎日の恒例行事になると、猫が楽しみに待ってくれるようになります。

6.出かける時

玄関前で寝転がる猫

やはり出かける前も、猫に話しかけながらスキンシップを行いましょう。ただし急いでいるタイミングでは長くならないように、メリハリを付けた触り方が良いでしょう。

まとめ

あんこ

猫とスキンシップを取るべきタイミング6つについてお伝え致しました。

猫とのスキンシップは猫と暮らす上での楽しみの一つですよね。性格的に触られるのを嫌がる猫ちゃんもいますが、時間をかけて気長にスキンシップを深めて信頼関係を築いていきたいですね。

スポンサーリンク