猫が『お尻を向けてくる』心理状態4選

猫が『お尻を向けてくる』心理状態4選

猫のお尻、スリムで可愛いですよね。このお尻ですら、猫は自らの心理を表すのに、使っています。一体猫はお尻で、どんな心理を表現しているのでしょうか?ここは大事なところですから、しっかりと、チェックして行きましょう!

3364view

1. 後ろを守ってね!

後ろ

お尻を飼い主さんに向ける場合、そこには「後ろを守って!」という心理が働いています。さすがの猫も、前を向いている時は後ろを守れないので、母猫代わりの飼い主さんに、守って貰いたいと思っているのです。

ですから、猫に後ろを任された場合は、何があっても死守してあげましょう。例え、槍が降っても、です。と言うのは、冗談ですけど…

2. どうぞお嗅ぎください

嗅ぐ

猫は相手のお尻のニオイを嗅いで、相手の体調や年齢などを知ります。劣位の猫が優位の猫にお尻のニオイを嗅がせるのですが、飼い主さんに向かってお尻を差し出してきた場合は、「どうぞニオイを嗅いでください」と思っているのでしょう。

さすがに嗅ぐのはオススメしませんが、猫が飼い主さんの事を優位だと思っている証拠です。ナデナデなどしてあげて、コミュニケーションを取りましょう。

3. どうぞお撫でください

撫でる

お尻、と言うかしっぽの付け根を撫でられるのが好きな猫も。猫がお尻を飼い主さんの方に向け、見上げて来た場合は「撫でて」と言っています。と言うか、半分強制かも。

どうやら、猫のしっぽの付け根には神経が集中しているので、そこを撫でられると気持ちが良いようです。もちろん、猫によっては嫌がる場合もありますので、猫の好みを見て、ナデナデするようにしてあげてください。

4. 飼い主は自分が守るにゃ!

守る

飼い主さんを自らの後ろに隠して(隠れてませんが)、守る態勢バッチリです!尖った爪もキバもない非力な飼い主さんを、必死で守ろうと頑張っています。しっかりと、守られてあげて、くださいね!

もしかすると、飼い主さんが子猫で、自分が母猫の気分になっているのかもしれません。外敵から大切な子猫を守るのは、母猫の役目でもあります。猫に余計な心配をかけないよう、気をつけなければいけませんね。

まとめ

すめし・銀次

猫のお尻には、意外な心理が隠されていました。基本的に、飼い主さんにお尻を向けるのは警戒していない証拠なので、十分心を開いてくれている、と思って間違いないでしょう。猫がお尻を向けて何を求めているのか、察してあげましょう!

スポンサーリンク