猫がカメラを嫌がる4つの理由

猫がカメラを嫌がる4つの理由

どうして猫は、カメラを向けると逃げてしまうのでしょうか?カメラを嫌がるあまりに、猫の写真が撮れない人も少なくないようです。猫がカメラを嫌がる理由は、ちゃんとありました。では、カメラを嫌がる理由と撮影方法を紹介していきたいと思います。

1167view

猫がカメラを嫌う理由

1レンズが怖い!

横向く猫

猫にカメラを向けると、目をそらしたり嫌がっている素振りをするのは、レンズが怖いからなのかも。猫からすると、カメラのレンズが大きな目に見えてしまっているようです。猫の習性から、目を合わせると危険だと思ったり、敵意がないことを示そうとして目を反らします。レンズを向けられると、じーっと見られている気がして「怖い!」と思うんですね。

2 嫌な記憶がある

顔隠す猫

猫の写真をカメラにおさめたいと思うのは、猫好きなら当然の心理。しかし猫のほうは、カメラを向けられる事に恐怖を感じた経験があるのかも知れません。上手く撮れずに猫を追いかけまわしてしまった、猫にベタベタ触って顔を向けさせた、無理矢理拘束したなどの心当たりはありませんか?カメラに、嫌な記憶が刷り込まれてしまったようです。

3 シャッターの音がうるさい

カメラを向けられる猫

「カシャ」「カシャ」とシャッターを押す度に出る音が嫌いなようです。猫の鋭い聴覚が、シャッター音に反応してしまい、びっくりしてしまうのでしょう。寝ていたのに起こされた、リラックスモードを邪魔されたなど、とにかく「うるさいにゃ!」とイライラしてしまうよう。

4 フラッシュが迷惑

フラッシュ猫二匹

猫がカメラで嫌いなところの1つがフラッシュの光です。シャッターを押したと同時に「ピカ!!」と一瞬光る瞬間が、とてつもなくストレスに感じてしまうようです。なぜなら、猫は目に突然たくさんの光を浴びると疲れてしまうからなのです。

猫は目に入ってくる光の量を調整しながら生活しています。なのにいきなり光が入ってきたらストレスになってしまい、それが原因で失明する危険もあると言われています。フラッシュは、猫の目には良くないんですね。気を付けてあげたいものです。

猫がカメラを嫌がらない方法

カメラをぶら下げて遊ぶ

カメラと子猫

普段からカメラに慣れておけば嫌がらずにすむかも知れません。例えば、遊ぶ時に飼い主さんの首にカメラをぶら下げておくと良いでしょう。カメラを出して構えると猫も怖がってしまうので、自然に向ける方が良さそうですね。

猫に近づかないようにする

林の中の猫

猫にカメラを向けると嫌がる時は、猫に近づかないで撮影をしましょう。ズームや望遠機能を使い、少し離れた場所から撮るようにするのが良さそうです。嫌がる猫に無理に近づいてしまうと、猫もストレスになったり、嫌われてしまいます。

猫を撮る時は音と光を消す

スマホと猫

猫が嫌いな音や光に気をつけて写真を撮るようにしましょう。フラッシュモードをオフにして、静音モードに設定してからカメラで撮影します。カメラにオフ機能がついていない場合もありますので、そう言った場合はスマホを使用するといいかも知れません。

失敗しないために連写しておく

カメラと横向き猫

猫の写真を見ると、半目だったりいつもの可愛さが出せない事が多いと思います。猫はモデルとして撮影にのぞんでいませんので、ぶちゃいくになるのは仕方ないです。だから写真を撮る時は、連写モードがおすすめ。人間でも連写して撮る方が、良い写真に出会えますよね。たとえ猫がそっぽを向いてしまっても、たくさん撮っておけば、正面の顔の写真が撮れている可能性もあります!

まとめ

カメラにスリスリする猫

猫がカメラを嫌がる理由について見てきました。大きな理由としては、レンズが怖いからと言うことですね。黒くて大きな目がこっちを向いていると思うと、猫も目をそらしてしまいますよね。ケンカする気もない猫は、「襲われるまえに」と逃げてしまいます。

また、猫がカメラを嫌がる理由として、自分にプラスになる事がないとも言えるのでしょう。大人しくモデルをしていても、褒められないしご褒美ももらえないなら、やりたくない!と思ってしまうのかも知れません。カメラを楽しいと思ってもらうには、ご褒美をあげた方がお互いが気持ちよく思えるのかも知れませんね。

スポンサーリンク