猫を好きが故にやってしまう飼い主のNG行為4つ

猫を好きが故にやってしまう飼い主のNG行為4つ

「猫のことを好きだから問題ないでしょ?」と考えるのは、人間側の勝手な主張です。それでは、猫達はどのように思っているのでしょうか。猫を好きが故にしてしまいがちな行動から見ておきましょう。

1092view

1.寝ている時に邪魔をする

女性に抱っこされて嫌がる猫

猫が可愛くてたまらないからと、寝ているところを無理に抱き上げるのはNGです。

猫は自分の行動を邪魔されることを大変に嫌がります。1日の大半を費やしている睡眠時間を脅かしてしまうと、猫の健康に悪影響を及ぼします。その上、猫から嫌われかねません。

猫が自分から近寄ってくるまでは、構わないという気概が大切です。

2.おねだりに負けてしまう

膝の上でおねだり中の猫

可愛い猫からのおねだりに、「ちょっとだけね」と負けてしまうのはNGです。

人間が食べている物を、興味深く感じている猫は多いでしょう。しかし、猫と人間では必要とする栄養分が異なります。そして使う調味料や食材が、猫にとって危険な場合も多いのです。その上、「ちょっとだけ」と食べさせていると、いつも甘えれば食べられると考えてしまいます。

3.写真をずっと撮る

スマホで猫を撮影中の人

愛猫の写真をしつこく撮り続けるのは間違っています。

たまに写真を撮影するのは問題はありません。しかし、猫の生活を追いかけるように撮影すると、ストレスを溜めてしまう危険性が高まります。

私たちも、私生活をいつもパパラッチされていては辛いですよね? 特に、フラッシュ撮影は問題外です。

4.愛猫を人に会わせようとする

女性を嫌がる猫

自慢の愛猫を、いつも家族以外の人に会わせようとするのはNGです。

猫は保守的な動物ですから、常に新しい人を受け入れるさせことは猫にとって負担です。社交的なお客様好きな性格の猫なら問題ありませんが、ほとんどの猫はいつも一緒にいる家族以外の人を嫌がります。

猫のいるエリアでは静かな空間を維持するように心がけてくださいね。

まとめ

男性に起こされて嫌がっている猫

猫を好きが故にやってしまう飼い主のNG行為4つについてお伝えいたしました。

「好きだから問題ないでしょ?」と考えてしまうのはNGです。猫との関係は、飼っているのではなく、「一緒に暮らしている」のです。猫の考えを無視して人間が勝手な行動をとるのは、猫にとって迷惑以外の何ものでもありません。

猫が自主的もしくは積極的にしたいと思わないことは、人間が猫に対して行ってはいけません!

スポンサーリンク