猫から『いいニオイ』がする3つのワケ 動物特有の「けもの臭」がしない理由にも注目!

猫から『いいニオイ』がする3つのワケ 動物特有の「けもの臭」がしない理由にも注目!

猫のふわふわした毛並みに思わず「猫吸い」をしてしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか?気付いたら引き寄せられてしまう猫の魅力は、見た目の可愛さだけでなく飼い主さんを近づけさせる「いいニオイ」をまとっているからなのかもしれません。猫がもつニオイの謎や「けもの臭」がない理由について紹介します。

2205view

猫から「いいニオイ」がするワケとは?

猫と飼い主

では、猫からいいニオイがする理由について解説したいと思います。

1.体に含まれる成分やフェロモン

猫の胸やお腹あたりに顔を近づけると甘く柔らかなニオイがします。例えるなら「バター」や「シロップ」「ミルク」など、まるでケーキのようなふんわりしたニオイを感じることもあるでしょう。そんな甘いニオイがするワケは、洋菓子の材料に似た「動物性脂質」や「たんぱく質」が猫の体にも含まれているからです。

またもう一つの理由に、猫から甘いニオイがするのは「フェロモン」ではないかと言われています。猫の体にはフェロモンを出す分泌腺がたくさんありますが、本来は猫同士でしか分からないものです。とくに分泌腺の多い顔まわりから甘いニオイがしたら、飼い主さんも感じとれているのかもしれませんね。

2.日光の香りが混ざる

猫はお日様の光を浴びてゴロゴロするのが大好きです。毎朝カーテンが開くのを楽しみにしている猫も多く、一目散に窓の方へ駈け寄ることもありますよね。そんな猫のニオイは布団を干した後のような温かいニオイがします。

肉球や背中は「クッキー」「ポップコーン」「焼きたてのパン」といった食べ物のような香ばしいニオイをイメージする方も多く、飼い主さんによって感じ方も様々です。猫の体からこのようなニオイがするのは日向ぼっこが大きく関係しています。

猫が日光を浴びると体についた臭いの原因となる細菌を退治し、被毛を乾燥させます。そこに猫の甘い香りも加わるので、まるでお菓子のような香ばしいニオイになっているのです。

3.洗剤や柔軟剤の香りが移っている?!

密集して生えている猫の毛はとくに夏毛から冬毛になると熱を逃がしにくい柔らかい毛が生え、毛量も多くなるのでふわふわになります。

猫の体から洗剤や柔軟剤の香りがするのは、空気を含みやすい猫の被毛に香りが移っている可能性もあるでしょう。

洗濯したばかりの衣類の上で猫が体をこすりつけた時や飼い主さんが愛猫を抱っこした際にニオイが付く場合もあります。

猫から「けもの臭」がしないのは何故?

2匹の子猫

シャンプーを頻繁にしなくても「けもの臭」がしないのは、もともと体臭が少ないのに加え、汗による雑菌が増殖しにくいこと、頻繁に自分自身の体をグルーミングしてニオイを取り除いていることが理由として挙げられます。

清潔な環境では「いいニオイ」のする猫も、反対に過ごす空間自体が不衛生だったり、被毛に汚れがついたままになっていたりすることで体に嫌なニオイをまとわせてしまいます。

ニオイに敏感でキレイ好きな猫ですが、体のニオイは環境によっても大きく左右されるでしょう。

まとめ

猫を抱っこする飼い主

猫の姿が見えなければ、近くにいても気付かないほど猫は動物特有のニオイがしません。もともと体臭が少ない猫ですが、狩りを成功させるために自分のニオイを消す習性を持っていることが「けもの臭」を感じさせない大きな理由となっています。

不思議と愛猫のニオイを嗅ぐと安心感や幸せを感じる方も多いかと思います。飼い主さんをいつも癒してくれる猫だからこそ、それぞれの愛猫のニオイに特別さを感じるのかもしれません。

キレイ好きな猫のためにも清潔な環境を維持し、暮らしを守ることで「猫のいいニオイ」がより一層際立つことでしょう。

スポンサーリンク