猫は『初対面の人』を見るとどうなる?4つの仕草とその理由

猫は『初対面の人』を見るとどうなる?4つの仕草とその理由

初めて会う人に対して猫が起こす仕草や行動には、様々な要素が絡みます。そこには特に、基本的な猫の行動に猫の性格が合わさってくるようです。それではそれぞれのポイントに絞って見てみましょう。

966view

1.逃げて姿を隠してしまう

逃げていく後ろ姿の猫

大抵の猫は、初対面の人が見えるだけでその場から逃げていくでしょう。とくに、神経質で怖がりな性格の猫は、人の気配を察するだけで逃げてしまいます。

今まで聞いたことのない音や見たことのない物と接すると、猫は途端に不安を感じてしまいます。その場合、手の届かないベッドの下や押し入れの中、高い棚の上、誰も来ない部屋に行って初対面の人がいなくなるまで隠れてしまいます。

2.高いところからチェックする

キャットウォークから覗く猫

逃げるほど怖がってはいませんが、相手を観察したいときは高いところに登るでしょう。

高いところにいれば、人間から触れられることはありません。嫌なことが起これば逃げれますし、嬉しいことがあれば近寄っていくこともできます。

この場合は、猫がどちらとも判断をしかねている「ニュートラルな状態」と見て良いのかもしれません。

3.近寄っていく

指の匂いを嗅ぐ猫

好奇心旺盛で恐怖を感じない猫は、初めての人でも怖がらず近づいていくでしょう。

興味津々で近くに寄ってきます。まずは持ち物や洋服の匂いを嗅ぎ、安全か安全でないかを確認します。安全確認ができて抵抗がなく興味を感じる場合は、身体のあちらこちらにマーキングであるスリスリをし始めます。

本当に気に入られると側で眠ったり、身体の上に乗ってきます。撫でてほしいと催促をすることもあるでしょう。

4.その人が怖いと逃げる

怖がって家具の下に入る猫

猫の持っている性格ではなく、人の行動や様子に対して恐怖を感じると逃げるでしょう。生理的に脅威を感じさせる人に対して、猫は関わらないようにします。

猫が感じる脅威とは、黒っぽい洋服を着ている、大きな音や声を立てる、動きが突然である、香水やタバコなど不快な香りがするなど「敵」と思わせてしまう要素のことなので、その要素を持っている人には脅威を感じて怖がってしまう傾向にあります。

まとめ

緊張感漂う猫の様子

猫は『初対面の人』を見るとどうなる?4つの仕草とその理由とはについてお伝えいたしました。

全体的には、初対面から人間に対して好奇心を持って接する猫は少ないようです。ただし、猫の性格も千差万別ですので、実際の反応は猫によって様々です。

来客等の人に対して社交的に振る舞ってほしいと感じるタイミングもあると思いますが、猫に無理強いをすることはやめてくださいね。

スポンサーリンク