猫が全力で伝える『好き』のサイン5つ♡

猫が全力で伝える『好き』のサイン5つ♡

猫は言葉を話せなくても、何気ないサインで好きな人に気持ちをアピールしています。見落としてしまいそうな些細な仕草から分かりやすい態度まで、猫の性格によって伝え方もさまざまです。本記事では、猫が飼い主さんに気付いてもらいたい最大限の愛情表現をご紹介します。

2819view

猫が全力で伝える「好き」のサインとは

子猫とハートのクッション

では、猫が全力で伝える「好き」のサインには、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

1.ウインクや瞬き

瞬きの少ない猫は「アイコンタクト」で相手とコミュニケーションをとります。さりげなく見つめながらウインクをしたり、ゆっくりと瞬きをしてきたら「好き」アピールをしています。

見つめられていると感じたら同じように返してあげると、猫にも愛情が伝わりますよ。

2.かけ寄ってくる

猫は好きな人を見かけると大好きな気持ちと嬉しさが高ぶり、かけ寄ってきてくれることがあります。

「遊びたい」「おやつがほしい」といった要望も含まれている場合がありますが、心を許し、信頼を寄せている人にしか見せない行動です。

3.顔や体をすりよせる

女性の顔にすりすりする猫

猫の顔や体にはフェロモンの分泌腺があり、人や物にニオイをつけて「自分の縄張り」をアピールをします。

そもそも自分の近くにいてほしい人にしかスリスリしないため、縄張りの一部となっている飼い主さんは愛猫からとても好かれていると言えます。

外から帰宅した時やお風呂上がりはニオイも薄くなるので、再びつけ直しに行くこともあるでしょう。

4.毛づくろいのように舐める

猫の仲間同士で毛づくろいをすることを「アローグルーミング」といいますが、好きな人に対しても敵意がないことや愛情を伝える手段として行うことがあります。

好意的な気持ちがなければ猫同士でも舐め合わないため、猫が人の手や髪などを舐めてくれるのは信頼関係が築けている証拠なのです。

5.近くでふみふみする

前足で交互に「ふみふみ」する猫の様子はとても可愛らしく、見ている人も癒されてしまいますよね。室内で暮らす猫は飼い主さんがいつもお世話し傍にいてくれるので、成猫になっても子猫気分が抜けない猫も多いでしょう。

「ふみふみ」は母猫のミルクを飲むときの動作。心から信頼していて安心できる飼い主さんの前でしか見られない全力の「好き」のサインです。

愛猫の好きサインにどう応える?

飼い主の手と猫

愛猫からの「好きサイン」には、飼い主さんもサインに見合ったアクションをとるようにすると、猫へ愛情を伝えることができます。優しさを意識しながら接することで、猫の安心感や信頼を得やすいでしょう。

  • 優しく撫でる
  • 遊んであげる
  • そっと見守る
  • 穏やかな声で話す

例えば近くに寄ってきたらそっと撫でたり、声をかけてあげたりすると「リアクションを取ってくれた」と嬉しく感じます。

猫が自ら近くに寄ってくるときは、甘えたい以外にもかまってほしい気持ちもあるため、おもちゃを出してコミュニケーションを取るのも良さそうです。

「ふみふみ」のように子猫気分で甘えている場合は、気持ちを落ち着かせようとしていることもあります。その場合、抱っこしたりスキンシップを取ろうとしたりせず、思いっきり甘えさせてあげましょう。

まとめ

ハートと猫

言葉で愛情を示すことのできない猫は、表情や仕草、行動から全力の「好き」を伝えてきてくれます。

猫の「好きサイン」に気付いたら、飼い主さんも適切なアクションを返すことで愛猫との絆がより深まるでしょう。

せっかく猫が見せてくれる全力の愛情表現を、飼い主として見落とさないようにしてあげたいですね。

スポンサーリンク