猫が『おしり』を向けてくる時の心理4選 実は飼い主への信頼の証♡

猫が『おしり』を向けてくる時の心理4選 実は飼い主への信頼の証♡

「何気なく猫を見ると後ろ姿ばかり目撃する…。」猫がおしりを向けてくるのは何か意味があるのか、ふと疑問に思ったことはありませんか?一見するとネガティブな印象を持つ謎の行動ですが、実は猫から飼い主さんへの様々な気持ちが隠されているんです。本記事では猫の可愛い心理状態をご紹介します。

2258view

1.安心している

リラックスしている猫

人におしりを向ける猫の心理は今いる空間が居心地が良く、とても安心している状態です。

猫はとても警戒心の強い動物。攻撃をしてくる可能性のある者に対しては背後から狙われないようにと構えるため、猫の弱点であるおしりを見せる事はありません。

そんな中、飼い主さんにおしりを向ける猫は「安全で心配する必要がない」としっかり認識しています。「信頼を寄せているよ」という猫の気持ちをまるでおしりで語ってくれているかのようにも感じてしまいますね。

2.猫の挨拶

飼い主と猫

「鳴き声」や「お互いの鼻を近づける」など、猫には挨拶の仕方がいくつかありますが、相手に対しておしりを向ける行為もその中のひとつです。

猫はニオイによって周囲の状況を判断する習性がありますので、自分よりも優位に立っていて信頼を寄せている相手に肛門のニオイを嗅いでもらうのが当たり前の行為となっています。

猫と同じ態度で接するのは難しいですが、猫がおしりで挨拶をしてきたら尻尾の付け根を優しくタッチしたり、声をかけてあげたりなどの何かしらのリアクションをとってあげましょう。

3.おしりを撫でてもらいたい

子猫の後ろ姿

猫のおしりや尻尾には神経が集まっている部位のため、触られるのを嫌がる猫も少なくありません。しかし猫によってはスキンシップのひとつとして飼い主さんに撫でてもらおうとおしりを向ける猫もいます。

強く触れたり、しつこくすると嫌がって逃げてしまうこともあるので、様子を見ながら優しく撫でるようにしましょう。猫が安全な人だと認識していないとできない行為ですので、信頼を裏切らないよう、過剰な接触は避けるようにしたいですね。

4.家族を守るため

家族と猫

単独行動を好み、自由気ままな性格の猫ですが、自分よりも弱い者に対しては守ろうとしてくれる頼りがいのある一面も持っています。特に赤ちゃんには優しく傍に寄り添う猫も多く、その心理には外部からの攻撃がないかを見張ってくれていることもあるのです。

愛猫におしりばかり向けられていたら「嫌われているのかな」と心配になりそうですが、猫にとってはその逆で飼い主さんや家族に対し、好意的な気持ちを表す態度でもあるのです。

まとめ

おしりを向ける猫

猫にとって「おしり」は急所であり弱点です。そんな弱い部分を飼い主さんにさらけ出してくれる猫はとても健気で愛おしく感じてしまいますよね。

猫がおしりを向ける状況やタイミングによって意味は少し異なりますが、猫の心理的にはどれもその人に対する好意の表れで、信頼関係が築けている証です。

大切に築き上げた絆を壊さないようにこれからも愛猫を暖かく見守ってあげたいですね。

スポンサーリンク