猫が『飼い主の靴』を好む4つの理由 気を付けたほうがいいポイントも

猫が『飼い主の靴』を好む4つの理由 気を付けたほうがいいポイントも

気がつくと、猫が玄関の靴で遊んでいることがあります。靴のどのような点が猫の好みに合うのでしょうか?様々な点から見ていきましょう。

473view

1.靴に付いている臭い?!

靴の臭いを嗅ぐ猫

外側についている様々な臭いに興味を持つため、靴を好むようです。

外を歩いてきた靴には、他の動物の糞尿・土・植物・食べ物など猫の興味を惹く匂いが付着していることもあるでしょう。

また、出かけた先で他の猫に出会い、その匂いを着けて帰宅すると、なかなか靴から離れようとしないかもしれません。浮気チェックをしている可能性もありますから気をつけましょう。

2.履いている人の匂い!

靴の上で寛ぐ猫

靴に染み込んでいる大好きな人の匂いに、猫もメロメロになってしまうのでしょう。

靴下を好む猫が多いように、足回りは猫が好むフェロモン系の香りがします。一日中履いた靴にはたっぷりと汗が入っていますので、猫は嗅がずにはいられなくなるようです。

素材によっては、靴自体の香りに誘われるのかもしれません。

3.狭くて落ち着く

革靴の中に入る子猫

入り込める大きさの靴であれば、猫は好むでしょう。

靴の中は狭く、置いてある玄関も薄暗く猫の好みに合っています。そして、人間が履いて心地よいということは猫にとっても気持ち良い肌触りの素材ということです。靴は猫にとってリラックス出来て落ち着ける場所なのですね。

4.噛み心地が良い?

靴を噛む子猫

噛み心地が気に入って、靴を好む猫もいるようです。

猫の好みも千差万別ですが、スポーツシューズなどゴム系の香りを好む猫は多いようです。足の甲をカバーするメッシュ素材は猫のオモチャにも使われます。自分の噛みオモチャと勘違いしている可能性もあるかもしれません。噛み跡がついてしまうので、ちょっと困ってしまいますね。

気をつけたいポイント

靴に噛み付く猫

気に入っている靴はなかなか捨てづらいものです。しかし、靴好きな猫が靴紐や壊れている部分を誤って飲み込まないように注意が必要です。

そして靴には様々な雑菌がいますので、抵抗力の弱い子猫には触れさせない方が良いです。

まとめ

スポーツシューズに乗る子猫

猫が『飼い主の靴』を好む4つの理由 気を付けたほうがいいポイントもについてお伝えいたしました。

猫にとって、靴は魅力がいっぱいに詰まった物ということがわかりますね。

あまりにも靴を好むのであれば、猫用オモチャとして一つ用意した方が良いかもしれませんね!

スポンサーリンク