猫の鳴き声『クラッキング』が聞ける4つのシーン!どんな意味があるの?

猫の鳴き声『クラッキング』が聞ける4つのシーン!どんな意味があるの?

ある日突然、愛猫が「カカカ…」という不思議な音を発しながら窓の外を睨みつけているのを見つけて、驚いた経験のある飼い主さんも多いのではないでしょうか。これは、室内飼いの猫によく見られるクラッキングという鳴き方です。この独特な鳴き方が見られるシーンやその意味などをご紹介します。

657view

クラッキングとは

鳥を見る猫

室内飼いの猫に多く見られるという、クラッキングという特殊な鳴き方をご存知でしょうか。軽く開いただけのやや閉じ気味の口で、下顎を小刻みに動かすことで「カカカ…」とか「ククク…」などの歯を鳴らすような音や、鳥のさえずりのような高くて小さくて短い声を出すような鳴き方です。

狩猟本能に基づいた鳴き方だと言われていますが、クラッキングをする猫もいれば、全くしない猫もいるようです。

クラッキングとはどのような時に見られる鳴き方なのか、そしてその鳴き方にはどのような意味があると考えられているのかについて、ご紹介します。

クラッキングが聞けるシーン

窓の外を見てクラッキングする猫

1.窓から外を覗いている時

クラッキングは、基本的には獲物となる鳥や小動物、昆虫などを見つけた際に本能的に出る鳴き声だと考えられています。そのため、最もよくクラッキングが目撃されるシーンは、愛猫が窓から外を眺めている時だといえるでしょう。

マンションなどで室内飼いされている猫の場合、よくベランダの手摺に止まっているカラスや鳩を睨みつけながら「カカカ…」と歯を鳴らしたり甲高くて短い声を出してクラッキングしている姿を見かけたことのある飼い主さんも多いはずです。

2.室内で小さな虫などを見つけた時

猫の獲物となる存在は、室内にもいます。それは、小さな虫です。場合によっては、人には気付かないくらい小さな虫の場合もありますので、何も見えない白い壁に向かって愛猫が突然クラッキングを始めたのを見て驚いたという飼い主さんもいるかもしれません。

獲物だけではなく、警戒すべき対象に対してクラッキングをすることもあると言われていますので、もしかすると虫がいなくても、隣室や壁の中の配管などから聞こえる、いつもとは異なる聞き慣れない音に対して発していることもあるのかもしれません。

3.一緒に遊んでいる時

おもちゃで遊びながらついクラッキングしてしまう猫

クラッキングの対象が、実際の獲物ではない場合は他にもあります。それは、飼い主さんと一緒に猫じゃらしなどで擬似的な狩りごっこをして遊んでいる時のおもちゃです。もともと狩りごっこなので、おもちゃは擬似的な獲物です。そのため、実際の獲物と同じような反応を示すことがあるのです。

学者の中には、クラッキングは興奮して思わず出てしまう「わーっ!」とか「もーっ!」とか「ちょっとちょっと!」などのような思わず漏れてしまう言葉と同じようなものだという意見もあります。

4.飼い主さんとのコミュニケーション

ここまで、「クラッキングは狩猟本能から生じる鳴き方で、獲物や警戒対象を見つけた時に出てくる鳴き方だ」というお話をしてきました。

しかし、中にはクラッキングを飼い主さんとのコミュニケーションの一環として行う猫もいるという説があります。警戒すべきものを見つけた時に「何かいるから気を付けて!」ということを知らせようとクラッキングをするのです。

また、猫は飼い主さんと一緒に暮らしながら、自分と飼い主さんの間にだけ通じる独特なコミュニケーション法を確立していることが知られています。

例えば、過去にクラッキングをしたことで飼い主さんから優しくされたりおやつを貰ったりといった「良い経験」をしたことのある猫は、優しくされたりおやつを貰ったりしたくてクラッキングをするようになることもあるのです。

猫によってクラッキングの鳴き方はさまざま

鳥を捕まえたい猫

海外では、声を出さずに歯の音を鳴らす鳴き方を「チャタリング」、細かく口を動かしながら甲高くて短い声を出すことを「チャーピング」、チャーピングの音が小さい鳴き方を「ウィーティング」、長い鳴き声を「ツイードリング」などと細かく区別している人もいるようですが、日本ではまとめて「クラッキング」と呼ばれています。

つまり一言でクラッキングと言っても、その鳴き方は猫によって千差万別だということです。「カカカ…」と歯の音だけを鳴らす猫もいれば、甲高い長めの鳴き声を出す猫や、歯の音を鳴らしながら高くて短い鳴き声を出す猫など、個々の猫によってまちまちなのです。

なお、野良猫や大型ネコ科動物のライオンやトラには、クラッキングは見られないといわれています。実際に狩りをしなければ生きていけない猫達にとっては、獲物を見つけた時にクラッキングをしてしまうと、狩りが失敗してしまうからだと考えられています。

まとめ

クラッキングする猫

初めて愛猫のクラッキングを聞いた飼い主さんは、あまりにも普段の鳴き方と異なる鳴き声に驚き、心配してしまうかもしれません。それほど、クラッキングは独特な変わった鳴き方です。

クラッキングをしている時の猫は、ちょっと興奮気味に胸が高鳴っている状態のことも多いようです。そのため、愛猫が窓の外を見ながらクラッキングをしている場合、猫には良い刺激になっていることが多いのでしょう。そのまま外を眺めていられるようにしてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク