猫に『赤ちゃん言葉』が凄くいいと言われている4つの理由!話しかけるときのポイントって?

猫に『赤ちゃん言葉』が凄くいいと言われている4つの理由!話しかけるときのポイントって?

赤ちゃん言葉の特徴とはどのようなところでしょうか?猫と赤ちゃんの共通点から、猫にも赤ちゃん言葉が有効なようです。それでは見ていきましょう。

645view

1.高いトーン

女性に抱かれている子猫

赤ちゃん言葉を使うときの高めのトーンは、猫を安心させることができます。

女性はよそゆきの言葉のトーンで、電話やインターホンの応対によく使う高さです。この高さで赤ちゃん言葉を使うと、猫に警戒心を起こさせないようです。

猫は、低めのトーンを他の猫や動物の威嚇音として捉えてしまうことがあります。そのため男性を苦手とすることが多いのです。

2.ゆっくりとしたテンポ

猫に話しかけている少女

赤ちゃん言葉を喋る時のゆっくりさは、猫に恐怖感を与えないのです。

話しかける時に早口で喋ると猫には騒音に聞こえてしまい、落ち着きません。ゆっくりと話しかけることで、猫に恐怖感ではなく安心感を提供することができるようです。

3.ボリュームが小さい

男性に抱かれる猫

赤ちゃん言葉で話しかける時の小さめの声は、猫をびっくりさせることがありません。

なるべく強いアクセントを使わないで、大きく叫ぶことなく話しているのではないでしょうか。囁きかけるように顔に口を近づけて話しかけることも多いでしょう。

聴力の鋭い猫にとって、大きな声は脅威となりますが、びっくりさせない小さめの声は嬉しいコミュニケーションとなります。

4.雰囲気が柔らかく穏やか

手を出す寝転ぶ猫

赤ちゃん言葉をしゃべっている人間の表情は、穏やかで優しくなっているのではないでしょうか?

猫は第六感で、殺気などもしっかりと感知しています。イライラしたり、怒ったりしている人間の側に寄ってこないのは、このようなセンサーの働きによります。

しかし、赤ちゃん言葉を話している人間は、雰囲気がとても柔らかくなっているため猫に受け入れられやすいようです。

まとめ

赤ちゃんと猫

猫に『赤ちゃん言葉』が凄くいいと言われている4つの理由!話しかけるときのポイントって?についてお伝えいたしました。

赤ちゃん言葉を分析すると、猫の好む話し方であることが分かります。「高めのトーン」「ゆっくりとした小さな声」は猫を怖がらせたり警戒させたりしません。女性は元々、このような特徴を持って話すため問題ありませんが、男性が猫に声掛けをする際は意識して接すると良いでしょう。

これからも上手に言葉掛けをして、愛猫との距離感を縮めていきたいですね!

スポンサーリンク