猫に『嫌われない接し方』の超重要ポイント4つ!

猫に『嫌われない接し方』の超重要ポイント4つ!

愛する飼い猫とは、お互い常に相思相愛の関係でいたいもの。ちょっとでもそっぽを向かれると、「嫌われた…?!」と不安になってしまう飼い主も多いのではないでしょうか。猫に嫌われないためにも、どんな接し方が猫をすることが大切なのか、把握しておくことが大切です。

664view

1. 大声を出してびっくりさせない

びっくりする猫

猫はとても繊細な生き物。突然人間に大声を出されると、びっくりして怯えてしまいます。

猫がいたずらをしてしまったときに、大声で叱ってしまう飼い主もいますが、これは逆効果。猫は、叱られていることはわかっても、なぜ自分が怒られるのかまではわかりません。そのため、いきなり怒鳴られてしまうと、怯えるだけでなく、飼い主のことを嫌ってしまう怖れも。

猫がどんないたずらをしてしまっても、大声は出さず、優しい声で注意をするなどの嫌われないような接し方を心がけてください。

また、そんなつもりはなくても、飼い主が何かにびっくりして思わず大声を出してしまうこともあるでしょう。もし、それで猫をびっくりさせてしまったら、優しく声を掛けて撫でたり、おやつをあげたりしてフォローをして接してください。

2. 無理やり抱っこなど、嫌がることをしない

抱っこされる猫

愛する可愛い猫を抱っこしたい、それは飼い主であれば誰もが思うことでしょう。ですが、残念ながら猫は必ずしも抱っこを好む生き物ではありません。

抱っこを苦手とする理由は、浮遊感が怖かったり、行動を制限されるのを嫌ったりと様々。そんな猫を無理やり抱っこをしてしまうと、当然嫌がられて嫌われてしまいます。そうなってしまっては、猫を可愛がりたいのに本末転倒ですよね。

もしどうしても猫を抱っこしたい場合は、まずは猫のご機嫌が比較的良いときに抱っこに挑戦をしてみてください。また、抱っこをしたときにおやつをあげるなど、抱っこが嬉しいものであることを猫に覚えさせると良いでしょう。また、子猫のうちから抱っこ慣れさせておくこともポイントです。

それでも猫が抱っこを嫌がるのであれば、無理に抱っこせず、かわりに猫が好むスキンシップをたくさんして接してあげてください。

3. 触ってほしくないところは触らない

お腹を触られる猫

甘えん坊の猫は、飼い主になでなでされるのが大好き。ですがそんな猫にも、身体の部分で触られたくない箇所がいくつかあります。

猫の触られたくない箇所は、主に急所となるお腹、たくさんの神経が集中している手足などです。しっぽも、触られるのをあまり好まない場合も。

猫のお腹はとても柔らかく、人間側には触ってみたいという人がたくさんいますが、猫からすれば、内臓がある柔らかいお腹は大切な身体の部位のため、あまり人間に触って欲しくはありません。

手足にはぷにぷにした肉球があるため、こちらも触ってみたくなる猫のパーツですが、猫には嫌がられることがほとんど。

猫の嫌がる身体のパーツを何度も触ろうとすると、これも嫌われてしまう場合があるので要注意です。触るときは、猫が触られて喜ぶ場所を中心に、触ってあげるようにしてください。

4. 香水などの強い匂いは身に着けない

香水の香りを嗅ぐ猫

猫は、とても鋭い嗅覚の持ち主。そのため、香の強い香水などはとても嫌がります。

基本的に、猫が近くにいる場合は、香りのものは身に付けないのがベストです。どうしてもおしゃれで香水をつけたいときは、外出時に家を出てから香りづけをし、帰宅したらすぐにシャワーを浴びるなどしてあげてください。

猫が嫌がるにも関わらず、香りの強い香水を身に付け続けると、嫌われ避けられてしまうかもしれません。それを防ぐためにも、香りの面でも猫との接し方に気を配ってあげてください。

まとめ

不機嫌な表情の猫

猫に嫌われないために心掛けるべき接し方について、ご紹介をしました。ただ、今回ご紹介した内容を1度してしまったからといって、必ずしも、いきなり猫に嫌われるわけでは無いのでご安心を。

特に、日頃のコミュニケーションがきちんと出来ていれば、多少のことは猫も多めに見てくれます。しかし自分にとって不快なことを何度も繰り返されれば、当然次第に嫌われてしまいます。

猫と接する際には、そのような猫側の気持ちをきちんと想定し、不快な気持ちにさせないように配慮しながら接してあげましょう。

スポンサーリンク