猫が『居心地がいい家』の条件3つ あなたの家はいくつ当てはまる?

猫が『居心地がいい家』の条件3つ あなたの家はいくつ当てはまる?

あなたは「猫にとっての居心地がいい家」と聞くと、どのような空間を想像しますか?猫にとっての居心地の良い家の条件とはいったいどのようなものを指すのでしょうか。今回は、猫が居心地がいいと思える家の条件について解説いたします。

1260view

1.陽当たりの良い場所がある

日光浴

猫は外を眺められる陽当たりの良い場所が大好きですよね。そのため、そのような場所がある家に住めるということは、猫にとってとても嬉しいことなのだと思います。

人間と同じように猫にも日光浴は大切です。窓の外の風景を眺めながら太陽の光も浴びられる場所にベッドなどを置いてあげることで、その場所は愛猫にとってお気に入りスポットになるでしょう。

ただし窓の外を飛ぶ鳥や虫が多い地域では、猫が飛びかかろうとして網戸を破ったり倒したりしてしまう危険性も高まります。その辺りの対策はしっかりしておくようにしてくださいね。

2.適度な室温

涼む猫

猫にとっての適温は、人間の適温とは大きく違います。人間にとって「少し暑いな…」と感じるくらいの室温が、猫にはちょうど良いとされているそうです。

そのため夏や冬は特に室温の調節が大切になってくるでしょう。いくら人間には少し暑いくらいが良いと言っても暑すぎる場所に長時間いれば熱中症になってしまったりもします。

エアコンを上手く利用しつつ暖かい日は窓を少し開けて風通しを良くしてあげることで、猫自身が快適な場所を自分で見つけることもできるようになるでしょう。もちろん窓には脱走対策をしっかりとしておきましょうね。

また多頭飼いをしている場合は猫によって適温が違うということも念頭に置いておくと良いでしょう。1匹にとってはちょうど良い室温でも、もう1匹にとっては暑すぎたり少し寒い、ということもよくあります。

3.落ち着ける場所がある

リラックス

猫は暗くて狭い場所が落ち着くと言われています。確かにそのような場所も猫にとっては落ち着けるのですが、もちろんその時の気分によって居心地の良い場所は変わります。

人が大好きな猫にとっては、暗い場所よりも飼い主さんの近くのほうが落ち着く、というようなケースもあるため、愛猫にとってどんな場所がリラックスできるのかは飼い主さんがしっかりと見極めてあげてください。

それでも何か怖いことがあったりした時は狭い場所に隠れたがりますので、猫にとって落ち着ける場所は複数確保してあげるほうが良いかもしれませんね。

まとめ

気持ちよく寝る猫

猫にとって居心地が良い家の条件を3つほどご紹介しましたが、あなたの家がこれらに当てはまっていなかったとしても心配ありません。

どんな条件の家でも飼い主さんの工夫次第で猫の理想に近づけてあげることはできます。家具の配置を変えたり、キャットタワーやキャットウォークを設置したりすることで、猫にとって住み心地の良い家は作れます。

愛猫がどんな空間を好むのかは飼い主さんにしか分かりませんが、猫の数ほど「居心地の良い家」の条件もあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク