猫がする『優しい猫パンチ』の意味3選 知っておきたい気持ちと応え方

猫がする『優しい猫パンチ』の意味3選 知っておきたい気持ちと応え方

猫を飼っていると、多くの飼い主さんが「猫パンチ」をされた経験があるのではないでしょうか?愛猫の可愛さあまり、ちょっかいを出しすぎてしまえば激しいパンチをお見舞いされてしまうこともあるでしょう。しかし威嚇しているような強いものとは逆に、猫が優しくパンチする場合もあります。本記事では、猫がする「優しい猫パンチ」の意味や猫への接し方について紹介しています。

1865view

猫の「優しいパンチ」の意味とは?

猫と蝶々

猫パンチは相手を攻撃するためだけに繰り出されるわけではなく、飼い主さんに対してポジティブな意味をもつパンチもあります。猫の感情によってパンチの意味は異なるため、愛猫の様子を見ながら適切な応え方をしてあげましょう。

1.遊んで欲しい

パンチというよりは優しくタッチするように「チョンチョン」と触れてくる場合は、対象となるものに興味を抱いている時の優しいパンチです。

人だけでなく知らない物に対しても、どのような反応をするのか様子を伺っていることもあります。

猫が遊びたかったり、飼い主さんにかまってもらいたいときに多く見られるでしょう。

2.そろそろ止めて

少女の抱っこを嫌がる猫

愛猫を撫でていたり、ブラッシングをしてあげたりすると「パシッ」と素早いパンチをされたことはないでしょうか。一見、攻撃したかのようにも感じますが、爪が出ていないため当たりはとてもソフトです。

これは、遊んでほしいときのパンチよりもネガティブな意味をもつ猫パンチで、飼い主さんに対して「そろそろやめてほしい」という意思表示でするもの。

そのため、このパンチの時は愛猫の気持ちを理解して、ストレスにならないようにスムーズに対応してあげることが大切です。

3.かまって欲しい

一緒に暮しているペットや飼い主さんに対して手招きをしているような猫パンチは、注目してもらいたかったり、かまってもらいたい気持ちがあるのかもしれません。ちょっかいを出そうとする様子が見られたら、遊ぶ時間を作って猫の運動不足の解消をしてあげましょう。

遊んでいる最中におもちゃの獲物を捕まえようと興奮し、飼い主さんに爪を立てた強いパンチが当たってしまうこともありますが、猫としては攻撃しているつもりはありません。そんな時は猫に声をかけ、一度おもちゃを体から離すようにして落ち着かせてあげて下さいね。

まとめ

猫パンチ

「猫パンチ」は敵対行動だけでなく、猫の気持ちを飼い主さんに伝える手段のひとつ。信頼している飼い主さんに対しては突然に爪を出した本気パンチをすることはありません。

愛猫が叩くようにパンチしたり、体の動作にイライラが見えたりしたら、何かに対して不満な気持ちや怒りをもって攻撃的になっている証拠です。

とはいえ、どのような種類の猫パンチでも飼い主さんの目には可愛らしく映るものですが、しつこくすると今後のスキンシップがとりにくくなる場合があります。

猫の動作や表情などにも注目しながら、柔軟なコミュニケーションをとるようにしたいですね。

猫がする優しい猫パンチの意味を知ることで、愛猫との絆をより深められそうです。

スポンサーリンク