猫が『居座ってどいてくれない時』の心理4つ 困ったときの対処法とは?

猫が『居座ってどいてくれない時』の心理4つ 困ったときの対処法とは?

猫が頑として動かない時は何か理由があるようです。困ったなと感じることもありますが、可愛い愛猫の要求です。どのような様子かを見極めて対処をしていきましょう。

851view

1.こっちを見てニャ!

パソコンの上に寝てこちらを見ている猫

キーボードや書類の上に座ってしまう時は、自分にもっと構ってほしいと思っているのでしょう。

パソコンなどで仕事と格闘をしている時、本や新聞を読んでいる時、テレビを観ている時に人間の行動を遮るように陣取ってきます。確実に、自分へ注目をしていない人間にアピールするために居座っていると考えて良いでしょう。

少しの時間で大丈夫ですから、思いきり猫に構ってお相手をしてあげましょう!

2.お願いがあるニャン!

上を見上げている二匹の猫

何か我々人間にしてほしいことがある時も、なかなか退いてはくれません。

特にして欲しいことの一番は「ご飯やおやつを出してほしい」時でしょう。また、排泄後にトイレを綺麗に掃除してほしい場合も同様です。その他にも、撫でてほしいなどスキンシップの要求があるのでしょう。

ご飯やおやつの時間ならば、ちゃんと用意をしてあげましょう。トイレの場合は排泄物を片付けて綺麗にしてくださいね。

3.気に入っているにゃん〜

運動靴の上で寛いでいる子猫

いつも大好きな人がいる場所や使っている物のため、猫が気に入ってしまっている可能性があります。

ここに居座っていれば、大好きな人間が来ると分かっているのでしょう。きっと人間の匂いを嗅ぎながら幸せな気持ちになっています。人間を愛している気持ちから出た行動ですから移動してもらう気持ちにならないですよね。

4.パニックしているニャ…

困って座っている猫

猫が自分ではどうしても対処できない事が起こった場合に、パニックを起こして退いてくれない時があります。

何が原因でパニックを起こしているのか究明し、取り除いてあげてください。それまでは、無理に移動させずに落ち着くまでゆっくりと見守ってくださいね。

まとめ

洗面台に入っている猫

猫が『居座ってどいてくれない時』の心理4つ 困ったときの対処法とは?についてお伝えいたしました。

猫との時間に無理は禁物です。時間がかかるかもしれませんし、かからないかもしれません。全て猫様次第です。猫は人間の行動もよく見ていますので、居座っているときは自分を振り返る方が良いのかもしれませんよね!

スポンサーリンク