猫が人にしている『挨拶』4つ!仲良し度がアップする返事の仕方とは?

猫が人にしている『挨拶』4つ!仲良し度がアップする返事の仕方とは?

猫から挨拶をされているのに、気がつかないことは沢山あるようです。猫とますます仲良くなれる機会を逃さないためにも、猫の挨拶について見ておきましょう。

62753view

1.ゆっくりとした瞬き

まばたきをしている猫

こちらを見ながらゆっくりと瞬きをしている猫は、人間に挨拶をしてくれています。

親しくない猫の方を向くと目をそらされたことはありませんか?猫同士では目線を合わせると「やるか!!!」という喧嘩を売っている状態と言われます。そのため通常、猫は目線を合わせないようにしています。

しかし、人間と暮らすようになった猫は目をコミュニケーションの一つとして使っています。猫からの瞬きへは、同じようにゆっくりと瞬きを返してあげましょう。

2.鼻でクンクン

指をクンクンと嗅いでいる猫

鼻で人間の匂いを嗅いでいるときは、猫からの挨拶と思って良いでしょう。

鼻というセンサーで猫は様々な情報を得ています。まずは、安全か危険かを探り大丈夫だと分かると側へ寄って鼻をクンクンとしてきます。気に入られると猫のテリトリーとして認定され、匂いづけとしてスリスリを行ってきます。

鼻をクンクンしてきた時は、人差し指を猫の鼻先へそーっと持っていき匂いを嗅いでもらいましょう。お尻を向けてきたときは、お尻の匂いを嗅ぐ、もしくは嗅いだふりをしてくださいね。この一連の流れを行えると猫との交流がスムーズにいきます。

3.頭突き

男性に頭突きをする猫

頭でゴンと突いてくる猫の可愛らしい仕草は挨拶の一つです。

かなり親しみのこもった挨拶になります。初対面でしてくれる猫は社交的、もしくはよっぽど猫から気に入られた場合でしょう。同じように額で猫へ頭突き返しをしたり、顔を怖がる猫には手のひらで撫でてあげましょう。

4.ピーンと立てた尻尾で近づく

尻尾をピンとして女性に近づく猫

こちらを大変に信頼している猫の仕草で、挨拶の一つと言われます。

子猫時代には排泄を一人でできないため、親猫がお尻を舐めて促していました。垂直にピーンと尻尾をあげ、親が舐めやすいようにしていたのでしょう。ピーンとした尻尾で近づいてくる猫は、人間のことを親と思っているようです。

まとめ

男性に挨拶をする猫

猫が人にしている『挨拶』4つ!仲良し度がアップする返事の仕方とは?についてお伝えいたしました。

猫との挨拶は独特ですが、知っていると猫からの好感度がアップして「できるやつ!」と思ってもらえること間違いなしです。

猫との時間を充実させ、もっともっと仲良くなりたいですね!

スポンサーリンク