『病院嫌いな猫』を慣れさせる4つの方法 嫌がる理由も合わせて解説

『病院嫌いな猫』を慣れさせる4つの方法 嫌がる理由も合わせて解説

多くの猫の飼い主さんが苦戦したことのひとつとして、猫を動物病院に連れていくことが挙げられるのではないでしょうか。キャリーバッグを見ただけで病院に連れて行かれると察し、隠れてしまう病院嫌いの猫は少なくありません。ですが、猫の健康のためには、定期的に病院に連れて行き、検査を受ける必要があります。今回は、どうすれば猫を病院に慣れさせられるのか、病院を嫌がる理由とともにお伝えしましょう。

668view

1. 家にいるときと変わらず猫に接してあげる

いやいや診察される猫

猫が病院を怖がる理由のひとつとして、環境が変わることが挙げられます。猫は環境の変化を苦手とする生き物。縄張りである自分の家から離れること自体に抵抗を感じるのです。

猫を病院に連れて行くときは、いつも通りの接し方を心掛けましょう。飼い主が不安そうにしていたり、そわそわしたりすると、それが猫にも伝わってしまいます。

また、病院で治療や検査をするときは、猫から飼い主の姿が見えにくくなります。飼い主の姿が見えなくなることも、猫を不安にさせてしまうため、そんなときは声を掛けてあげて、飼い主が側にいることを伝えてあげてください。

環境の変化が起こっても、飼い主が普段通りに声をかけ、接することで猫を安心させてあげることができます。

2. キャリーバッグに慣れさせておく

キャリーバッグに入った猫

猫を病院に連れていくためのマストアイテム、キャリーバッグ。このキャリーバッグに抵抗があり、病院を嫌がっている可能性もあります。

基本的に、猫は狭い場所を好みます。ですが、普段見慣れないものだと自分の匂いもあまりついておらず、警戒をすることも。そのため、猫にキャリーバッグに慣れさせて、抵抗を減らしていく工夫も必要です。

例えば、日頃からキャリーバッグを開けておき、自由に出入りさせてあげるなどもおすすめです。気が向いたらキャリーバッグに入れて、ちょっとした外出をするのも良いでしょう。キャリーバッグを猫の生活の一部にすることで、ぐっとキャリーバッグに入れやすくなります。

3.タオルなどで目隠しをする

キャリーバッグに入った猫

病院の待合室には、他の猫や犬が来院しています。時間帯によっては、たくさんいることも。他の猫や犬の鳴き声や存在が怖くて怯えてしまい、病院を嫌う猫もいます。

猫が待合室で怖がらないように、キャリーバッグを大きめのタオルで覆うようにしてあげるのも、病院に慣れさせるポイントです。

4.ご褒美のおやつをあげる

おやつを食べる猫

ご存じの通り病院は、猫の健康のために痛い注射や処置をする場所。その経験故に、「病院で嫌なこと、怖いことがあった」という思い出が強く残ってしまうことも、猫が病院を嫌がる理由のひとつです。嫌な思い出だけを残してしまうと、ますます猫が病院嫌いになってしまう可能性も当然あります。

そこで、診察等が終わったあとに、頑張ったご褒美として猫の大好きなおやつをあげましょう。決して嫌な思い出だけの場所ではないことを猫に伝え、悪いイメージをなんとか消し去る工夫も取り入れてみてください。

ただし、おやつは猫の健康に関わるものなので、病院の先生にあげてもよいか確認は取るようにしてください。先生の許可を取り、猫の健康に差し支えない量にしましょう。

まとめ

検査を受ける猫

病院は、我々人間でも抵抗を感じる人はいるものです。ましてや猫からすれば、どうして注射をしたり身体をみられたりするのか、なかなか理解するのは難しいでしょう。

ですが病院は、猫の健康を守ってくれる大切な場所。病院に連れて行っても、愛猫ができるだけ少ないストレスで過ごせるような方法を、ぜひ見つけてあげてくださいね。

スポンサーリンク