猫の年代別『おもちゃ』の選び方4つ♪子猫からシニア猫まで詳しく解説

猫の年代別『おもちゃ』の選び方4つ♪子猫からシニア猫まで詳しく解説

大事な愛猫と遊ぶのに、おもちゃは重要なアイテムです。とはいえ何でもいいわけではなく猫の年齢や好みに合ったおもちゃを選ぶことが大切です。今回は猫におすすめなおもちゃを紹介します。

995view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.子猫におすすめ:けりぐるみ

ぬいぐるみと遊ぶ猫

子猫におすすめなおもちゃとして、けりぐるみが挙げられます。子猫の時期は乳歯がむず痒く、色んな物に噛みつくことが多いです。場合によっては飼い主さんの手足に甘噛みしてしまうこともあります。

そんな時に、けりぐるみを与えてあげると思い切り噛みつけるので適度なストレス発散に繋がります。また子猫の時期は好奇心による誤飲誤食も多く、小さいおもちゃだと誤って飲み込む恐れがあります。けりぐるみくらいの大きさであれば猫の誤飲誤食の心配もないため安心して与えられます。

まれに噛み続けてけりぐるみの一部を飲み込むこともあるので、遊んでいる時は注意して見てあげてください。

2.成猫におすすめ:猫じゃらし

猫じゃらしで遊ぶ猫

成猫のおもちゃとしておすすめなのが猫じゃらしです。猫じゃらしといっても、その種類は豊富です。シンプルなスティック状のものから、ヒモがついたもの、鈴などの音が出るタイプもあります。猫じゃらしは種類の豊富さから猫に合う一品を見つけやすく、お値段もそこまで高くないというメリットもあります。

カサカサとした複雑な獲物の動きを再現しやすい猫じゃらしであれば、体力とパワーが最もある成猫も十分楽しめます。

ただし、ひも部分は誤って飲み込みやすいので、与えっぱなしにしないようにしましょう。

3.高齢猫におすすめ:キャットトンネル

トンネルにいる猫

猫は高齢になると、遊んだり運動したりする機会が減少します。体力や筋力が低下し、運動を避けるようになるためですが、老猫にも適度な運動は必要です。そんな老猫におすすめなのがキャットトンネルです。カサカサとした素材の音と獲物が見え隠れする仕様が猫の狩猟本能を刺激します。

隠れ家としても有用であるため、動いて疲れた老猫がそのまま休むのにも利用できます。

4.全年齢におすすめ:キャットタワー

キャットタワー

どの年代の猫にもおすすめなのがキャットタワーです。猫はなわばりを監視し身を潜める場所として高所を好みます。最近の研究で、室内に高い居場所があるだけで猫のストレスが大きく減少することが報告されているほどです。

室内にキャットタワーを設置することは、猫のストレス発散となるだけでなく、上下運動にも貢献します。他のおもちゃと組み合わせて遊べば、より猫の満足度が高い遊び方ができます。

まとめ

おもちゃで遊ぶ猫

今回紹介したおもちゃ以外にも猫のおもちゃは複数あります。最近では自動で動くおもちゃや光で遊べるタイプも開発販売されています。それぞれ長所短所があり、猫によって合う合わないなど好みがあるため、色々なおもちゃを愛猫と一緒に試してみてください。

スポンサーリンク