猫にとっての『理想の生活』3選♪飼い主が出来る環境作りとは?

猫にとっての『理想の生活』3選♪飼い主が出来る環境作りとは?

愛猫には幸せに暮らしてもらいたいですよね。そこで考えるのが猫にとっての「理想の生活」。しかし、猫にとってはどのような生活が理想なのでしょうか。本記事では猫の性格や習性から考えられる「理想の暮らし」についてまとめてみました。

1198view

1.ベッドは猫の好みに合わせる

ぬいぐるみと寝る子猫

どこにでも転がっているように見えても寝床にこだわっている猫は意外と多いようです。そのためベッドの素材やサイズなどは猫の好みに合わせてあげることが大切です。

猫はいくら飼い主さんが「このベッドを使って欲しいな」と思っても、自分が気に入らないと見向きもしません。高級な猫ベッドよりも段ボールを選ばれて涙を飲んだ経験のある飼い主さんも多いことでしょう。

またベッドを置く位置も重要です。寝る時は1匹だけになりたい子、寝る時も飼い主さんの近くがいい子など性格も様々なので、愛猫に合った置き場所を選んであげると良いでしょう。

2.棚の上に物を置かない

棚の上の猫

猫は高いところが大好きです。キャットタワーがあれば他の場所には登らない…なんてことはありません。棚の上所狭しと物が置かれていれば高確率で落とされたりしてしまいます。

そのため猫が登りそうな場所には出来るだけ物を置かないようにするのが安全だと言えるでしょう。子猫のうちは登れなかった場所にもあっという間に到達出来るようになるほど成長も早いため、前もって「登って良い場所」を決めておくのも良いですね。

登ってはいけない場所があるのならそこには成猫でも行けないようにする工夫も必要です。飼い主さんが対策をしてもある日突然攻略されてしまうことも多々あります。

我が家でもエアコンの上の隙間に入れないようガードを作りましたが、今度はその柵に飛びついて張り付くという遊びを始めた猫がいます。もちろん落下対策はしてありますが、猫は人間が思っている以上に頭の良い生き物なのかもしれません。

3.隠れ場所を複数用意する

隠れる子猫

猫は聴覚が発達しているため大きな音に驚くとすぐに隠れてしまいます。ですが部屋が複数ある場合は隠れられる場所が近くにないとパニックになってしまうこともあるでしょう。

そのためどの部屋にも隠れられる場所があることで猫にとっても安心です。特に臆病な性格の猫がいるのであれば隠れられる場所は出来るだけ多く作ってあげるのが良いでしょう。

隠れ家は緊急避難用だけでなく猫自身が「1人になりたい時」にも役立ちます。多頭飼いの場合は必然的に猫が1人になれる場所も少なくなりますので、隠れ家はどの猫にとっても落ち着くための大切な場所です。

まとめ

楽しそうな子猫

猫にとっての理想の生活と飼い主さんの考える理想の生活は、もしかしたら違うかもしれませんね。ですが、どちらにとっても快適であることがベストな生活環境であるのは間違いありません。人と愛猫は同じ屋根の下で生活を共にするのですから、どちらか一方に不満があれば改善を考える必要も出てくるでしょう。

猫にとっての理想の生活は、猫の性格によっても変わってきますが、愛猫のことを一番理解してあげられるのは飼い主さんです。愛猫の好みもしっかりと汲み取り、お互いが心の底から幸せに暮らせるような環境作りを心がけましょう。

スポンサーリンク