猫が好きな寝床は『ベッド』?『ハンモック』?それぞれの魅力に注目♡

猫が好きな寝床は『ベッド』?『ハンモック』?それぞれの魅力に注目♡

猫用ベッドはたくさん種類がありますが、近年猫用のハンモックの種類も増えてきましたね。どちらも猫に大人気で、気持ちよさそうに寝ている姿がSNSにあふれています。しかし猫が本当に好きな寝床はどちらのタイプなのでしょう?ここではそれぞれの特徴とその魅力に迫ってみます。

700view

猫用ベッドの魅力

大きなベッドを独り占めして欠伸する子猫

猫の好みに合わせられる素材と形

肌触りや形など種類の多さが猫ベッドの魅力です。冬はふわホカ素材、夏はさらさらクール素材、シニアや病気がちの猫たちには低反発や高反発の体に優しいベッドがあります。

また最も多いオープン型から、隠れるのが好きな子用の屋根付き(かまくら)型、潜るのが好きな子には掛け布団付きやトンネル型など、猫の好みに合わせて選べるのが嬉しいところです。

安心して眠れる安定感

猫用ベッドの最大の特徴はその安定性。平らなところに置くので滅多なことではひっくり返りませんし、大きさによっては仲よしの同居猫(や犬)と一緒に眠ることができます。

また静かな場所に置くことが多いため、猫が熟睡したいと思うときには、猫用ベッドを選ぶことが多いようです。

猫用ハンモックの魅力

網のベッドから右前脚を垂らしてこちらを見るアビシニアン

不安定さと浮遊感を楽しめる

ハンモックを「宙に浮いたベッド」だと考えると、素材は布地だけに留まらず様々なものがあります。籐のハンギングバスケットにキャットウォークの木の吊り橋、透明ボウルに窓ガラスに吸盤で取り付けるプラスチック製ベッドなど、様々なタイプが見られます。

またハンモックは一般的に狭くて揺れるのが特徴ですが、その窮屈さと不安定な浮遊感が猫にはかえって楽しいようです。

孤独を楽しむ

ベッド部分を支えるひもや支持体の面積が小さいので、ハンモックには重量制限(乗っていい猫の体重の上限)があります。そのためほとんどのハンモックは1匹用です。

さらに高い場所や日当たりのいい窓際にあることが多いせいもあって、猫がひとりで日向ぼっこや偵察気分を楽しむときに使いたくなることが多いようです。

ハンモックのここは注意!

まず注意が必要なのは鍵しっぽの猫たちです。ひもで吊るすタイプのハンモックは、ひもにしっぽを引っ掛け事故になる可能性があるからです。鍵しっぽ猫の飼い主さんは、選ぶときにその点を考慮しましょう。

さらにどのハンモックでも支える部分が古くなれば、緩んだり切れたり壊れたりして転落の危険性が高まります。お気に入りであればあるほど老朽化は早いもの。日常的にチェックして、早めの買い換えをおすすめします。

まとめ

タワーハンモックで仰向けのキジトラ

ベッドとハンモックは形の性質上、置き場所に大きな違いがあります。猫は1日のうちでも頻繁に場所を変え、その時々でベストな寝床を選びます。そのため、本格的に眠りたいときは猫用ベッドを、監視も兼ねてうつらうつらしたいときには猫用ハンモックを選ぶことが多いようです。

そう考えると、どちらも猫にとっては大事な寝床です。「どちらも大好き!」が正解なのかもしれませんね。

スポンサーリンク