猫が迷惑に感じる『飼い主のバタバタ行動』4つ

猫が迷惑に感じる『飼い主のバタバタ行動』4つ

嬉しい時は慌てることもある猫ですが、普段は落ち着き払っています。しかし、人間は猫より慌てる事が多いようです。それでは、猫が迷惑だと感じている我々人間の行動を見てみましょう。

449view

1.部屋が汚いまま留守をする

散らかっている部屋

片付けをせず、洋服や物を出しっ放しにしたまま出かけてしまうと猫から嫌がられます。

予定に遅刻しそうな時に人間はバタバタとして、いつもしている行動を忘れてしまうことがあります。そのため、普段綺麗にしている人も散らかったまま出かけてしまうことがあるでしょう。綺麗ではない部屋の様子を見ながら、猫は迷惑だと感じるに違いありません。

2.忙しなく家の中を歩き回る

掃除機を見るソファに座っている猫

大忙しの人間はいつも以上に動き回りますので、猫は迷惑に思っているでしょう。

急な来客があると、朝から片付けなどバタバタしてしまいます。普段はゆっくりとかける掃除機も、大きな音をたてながら急いで動かしてしまうでしょう。そのような人間を見て、自分のペースを乱す必要はないよと猫は教えたくなっているかもしれません。

3.大きな声で話をしている

電話で話す女性の横にいる2匹の猫

バタバタしている人間は、電話でも大きな声で話すことが多いです。

猫は静かな環境を好むため、大声で話している人間のことを迷惑に思ってしまうかもしれません。特に仕事の電話などで白熱して激しい口調になっていると、猫は自分が怒られているように感じてしまうようです。

4.猫のお世話が後回しになってしまう

汚いトイレをチェックする猫

いつもは排泄後すぐにトイレを掃除してくれる人間が、バタバタしていると後回しにするので迷惑だと思っているでしょう。

バタバタしていると、どうしても優先順位が変わりますよね。先に済まさなければならない事は、トイレ掃除やご飯の用意ではないのかもしれません。愛猫のお世話を後回しにして他の事をしている人間は、猫から見ると奇異に感じるでしょう。

まとめ

猫パンチをしながら怒る猫

猫が迷惑に感じる『飼い主のバタバタ行動』4つについてお伝えいたしました。

猫は、何かあっても「何なのニャ?」という様子をして動こうともしないでしょう。自分のペースを乱すように動く人間の事を、猫たちは不思議に思っているのかもしれませんね。猫のように慌てず、落ち着いて行動できるようにしたいですね!

私たち人間にとって、猫の行動は永遠にお手本なのです。

スポンサーリンク