猫との『ふれあい』で最悪なタイミング4選 間違えたときのフォロー方法も解説!

猫との『ふれあい』で最悪なタイミング4選 間違えたときのフォロー方法も解説!

猫との「ふれあい」はとても大切です。しかし、ふれあいをするタイミングを間違えてしまうと、思わぬトラブルに発展してしまうことも。では、猫との触れ合いで最悪なタイミングとはどのようなものなのか、確認していきましょう。

670view

1.寝ている状態

お腹を出して寝ている猫

眠っている猫と触れ合おうとすると起きてしまう可能性が高いため、最悪なタイミングの一つと言えるでしょう。

猫は1日の大半を睡眠に充てています。それは猫が捕食動物であり、ご飯を食べるためには狩りをしなければならないからです。弱っている獲物であればすぐに捕まりますが、大抵は元気で俊敏ですからすぐに逃げられてしまいます。

狩りを成功させるためにも通常は無駄な体力を使わないよう遺伝子に組み込まれているため、睡眠時間が多いのです。寝ている猫の邪魔をしてしまった時は「お休み!」と言ってすぐにその場を離れましょう。

2.ご飯を食べている最中

食べている猫に触れようとする人

ご飯中に猫を抱っこしようとしたり撫でようとすると怒られます。

食事に集中している猫に触れ合おうとすると、人間がご飯を横取りすると勘違いされます。「フーッ」と威嚇、噛みつかれる、猫パンチされるなど猫から大きな反撃を受けます。

猫の食事中は、そばにいても良いですが邪魔をしないようにしなければなりません。触れてしまった時は「もう少し食べる?」などとご機嫌を伺ってみましょう。

3.グルーミング中

グルーミングをしている猫

グルーミングも猫にとって大切な仕事の一つですから、触れてはいけません。

ビックリする程長い時間、丁寧に舐めている様子を見ることがありますよね?猫は自分の身体を舐めて清潔にしています。そのほか、気持ちを整えるなど心身の健康を保つためにグルーミングを行なっています。決して邪魔をしてはいけません。

グルーミング中に触れてしまった時は「毛繕いのお手伝いしましょうか?」とブラシをしてあげましょう。怒らない時は喜んでくれています。しかし、あくまでも猫のペースを乱さない方が良いでしょう。

4.トイレで頑張っているタイミング

トイレで踏ん張っている猫

排泄中の猫に触れることは絶対にやめましょう!

人間も同じですが、トイレで頑張っている時に声をかけられても触られても困ってしまいますよね。猫も同じと考えておきましょう。排泄中に嫌なことをされると、ウンチやオシッコに対してイメージが悪くなりトイレに行けなくなる危険性が出てきます。

人間の見える場所に猫トイレがある場合も多いでしょう。見ても大丈夫ですが、なるべく自由にさせておきます。触れてしまった時は「後で掃除をするからね」とすぐその場を立ち去ってくださいね。

まとめ

怒って威嚇をする猫

猫との『ふれあい』で最悪なタイミング4選 間違えたときのフォロー方法も解説!についてお伝えいたしました。

猫は自分のペースを乱されることを極端に嫌います。ふれあい自体は嫌いではないのですが、「ふれあい」がしたいと思っていなければ猫にとって負担になってしまいます。

猫とお付き合いするには、猫に任せてしまうことが一番ということですね!

スポンサーリンク