猫が警戒してしまう飼い主のNG態度4つ

猫が警戒してしまう飼い主のNG態度4つ

猫は元々警戒心が強い動物。大好きな飼い主さんであっても、警戒することがあります。猫が安心して暮らすためにも、飼い主さんは猫が警戒しているときのNG態度を知っておく必要があります。今回は、猫が警戒してしまう飼い主さんのNG態度を4つご紹介します。

2342view

1.大声を出す

隠れる猫

猫は、暗闇でも獲物を捕まえらえるよう聴覚が発達し、人間が聞き取れない音も聞き取れるほどです。そのため、大きな音は苦手。掃除機やドライヤーの音に驚き、逃げ出す姿を見ればわかるでしょう。

大声を出す飼い主さんは警戒するのも無理はありませんね。

人間の大声は猫に恐怖心を与えてしまいます。猫の前で大声を出したり、話しかけるのは控えましょうね。

2.いきなり触る

怒る猫と手

猫を触ろうとして、猫パンチや噛まれた経験はありませんか?いきなり触ろうとすると、猫も反射的に攻撃してしまうことがあります。自分の身を守るための本能的な行動なのです。

いきなり触ったり、上から手を出す行為は、猫も警戒してしまいます。猫の高さに合わせ、ゆっくりと近づくようにしましょう。

3.じっと見つめる

警戒する猫

猫同士がじっと見つめ合うのはケンカの合図です。猫の目をじっと見つめてしまうと、ケンカを売られていると勘違いし、警戒してしまいます。

猫のクリクリと愛らしい瞳はつい眺めたくなるものですが、じっと見つめるのは厳禁です。

もし目があった場合は、そっとそらすか瞬きをして、敵意がないことを伝えましょう。

4.過度に構う

警戒する猫

可愛さ余って、つい構いすぎていませんか?

猫は自分の気持ちのままに行動する動物。自分の意に反して長時間撫でられたり、無理やり抱っこされるのを嫌がります。猫が警戒してしまう原因になります。猫が自分から寄ってくるまで、そっとしておいてあげましょう。

猫は構ってほしいときには、自分から近寄って甘えてくるものなのです。

まとめ

怯える子猫

いかがでしたか?愛する猫には安心して暮らしてほしいですよね。

猫は、危険にさらされながら単独で狩りをしていたため、警戒心がとても強い動物です。

猫が警戒するような行動はなるべく控え、安心してもらえるよう普段から心がけましょうね。

スポンサーリンク