猫にもっとしてあげればよかった……飼い主が『後悔しがちなこと』5つ

猫にもっとしてあげればよかった……飼い主が『後悔しがちなこと』5つ

猫は人間より寿命が短く、猫との幸せな日々はあっという間に過ぎていきます。「その時」に後悔するのはどのような事でしょうか。見ておきましょう。

9753view

1.遊び足りなさ

オモチャでじゃらす女性

催促される度に「後でね」と言っていると後悔してしまうようです。

仕事や自分の用事を優先してしまい、猫が遊びたい時に時間をとっていないことがありますか?10分も20分も遊ぶのではなく数分で大丈夫なのに、このように少ない時間さえ遊べなかったと自分を責めてしまいます。

2.一緒にいる時間の少なさ

抱っこされて嬉しそうな猫

家を留守がちな人は後悔するかもしれません。

仕事や人と出会うために、猫に留守番させることがありますよね。朝から出かけて夜に帰ってくるような生活スタイルが続いても猫は文句を言いません。しかし、後悔材料となりやすいのです。

3.体調不良認識の遅さ

元気のない猫

猫の不調サインに気が付かないと後悔してしまいます。

嘔吐、下痢、食欲不振など、普段気になる症状が少ない猫と一緒に暮らしていると気づきが遅くなる場合があります。身体の小さな猫は、ちょっとした不調サインを見逃し悪化してしまう危険性があります。猫の様子に敏感になれるようにしておきましょう。

4.準備不足

寝転がっている猫

最期を迎える場合は、しっかりと家族で話し合わないと後悔してしまいます。

考えると辛いことですが、元気なうちから話し合う必要があります。どのような治療を行うのか、治療をする場所は病院か自宅かなど、決めておいた方が良いことはたくさんあります。

5.勉強不足

パソコンを見つめる3匹の猫

猫の食事、日々のお手入れなどを知らなかったため後悔してしまうことがあります。

猫の習性や身体の仕組みを理解していると健康管理もスムーズに行えます。人間に寄り添ってくれる猫ですが、動物種が違うためタブーなど知っておいた方が良いことは沢山あります。毎日の猫との生活を充実させることもできます。

まとめ

猫の手と人の手

猫にもっとしてあげればよかった……飼い主が『後悔しがちなこと』5つについてお伝えいたしました。

少しでも思い当たる節があると人間は必ず後悔します。残念なことに、思ったように行動してもきっと後悔してしまうでしょう。ただし、普段から出来ることと出来ないことを見極め、整理することで、後悔の種は少なくなります。

猫との充実した日々を毎日大切にしながら、非日常に対しても考えるようにしたいですね。

スポンサーリンク