猫が『サイレントニャー』をする心理3選

猫が『サイレントニャー』をする心理3選

猫のサイレントニャーを見たことがありますか?サイレントニャーをする相手を、猫は選んでいると言われます。それでは、不思議なサイレントニャーについて見ていきましょう。

16001view

サイレントニャーとは?

サイレントニャーをしている猫

口では「ニャ〜」と言っているのに、人間には「ニャ〜」という音には聞こえておらず、口パクのように見えている猫の様子です。

実は、猫の耳には鳴いている声が聞こえています。しかし、人間には聞こえないHzの範囲のため口だけが動いているように見えるのです。そのため、サイレントニャーと言われます。

1.甘えたいニャ〜〜〜

腕にスリスリして寝ている猫

対象者を母猫と思い、甘えたいなと感じている場合にサイレントニャーをしてくれます。

感極まって嬉しさを表現している猫の仕草で、猫と対象者だけの空間で見ることができます。顔をこちらに向けて一生懸命に鳴いていますが、「ニャ〜〜〜」という声は聞こえません。サイレントニャーをした後には、スリスリしたり手をチョイチョイしたりしてきます。

2.嬉しいニャン!

振り向きざま鳴く猫

嬉しいことがあると、人間に伝えたいのでサイレントニャーをすることがあります。

猫の社会では、鳴くというコミュニケーションは子猫と母親との間でしか使われることがありません。しかし、人間は声のコミュニケーションが発達していると猫が理解をし、家で暮らす猫たちは挨拶も兼ねて鳴くようになったと言われています。

心の底から「幸せだニャー」と感じている猫の仕草なのですね。

3.お腹が空いたニャ!

ベッド再度で鳴く猫

朝起きた時に、サイレントニャーをしてくる猫はお腹が空いているのでしょう。

心音を聞いているので、猫は人間がいつ目を覚ますのかよく分かっています。最初は大きな声で起こしにきているかもしれませんが、目が覚めた人間へはサイレントニャーをして説得しようとします。人間がサイレントニャーを見ると喜ぶことが分かっているのでしょう。

まとめ

鳴いている猫

猫が『サイレントニャー』をする心理3選についてお伝えいたしました。

皆様の愛猫は、サイレントニャーをしてくれますか?私も初めてサイレントニャーを見た時に感動したことを覚えています。特に、愛猫と私だけの部屋では頻繁にサイレントニャーをしてくれます。

人間に対して素直に行動をする猫を見ると幸せになります。我々人間も素直な心で行動を起こせたらと思う今日この頃です。

スポンサーリンク